Splunkのトレーニング + 認定

Splunk Fundamentals 1

コースの説明

このコースでは、Splunk でのサーチとナビゲーション、フィールドの使用方法、データに基づく統計やレポートの作成、ダッシュボード、ルックアップ、アラートなどの機能について説明します。シナリオベースの例や実践的な課題を使用して、強力なサーチ、レポート作成、チャート作成の方法を学べます。Splunk のデータセット機能やピボットインターフェイスについてもご紹介します。

本コースは、日本語字幕付き無償E-learningにて実施されております。

日本語字幕表示について

トレーニング動画内で日本語字幕を表示するには、再生画面下部のシークバー右側にあります[CC]をクリックして日本語キャプションを選択してください。

コーストピック

  • Splunk のインターフェイスの概要
  • 基本サーチ
  • フィールドを使用したサーチ
  • サーチの基礎
  • トランスフォームコマンド
  • レポートとダッシュボードの作成
  • ルックアップの作成と使用
  • スケジュールド レポート アラート

コースの目的

モジュール 1 - Splunk の概要
  • Splunk の使用方法を理解する
  • Splunk Apps の定義
  • Splunk の基本的なナビゲーション
モジュール 2 - サーチ
  • 基本サーチの実行
  • オートコンプリートを使用したサーチ
  • サーチの時間範囲を設定する
  • サーチ結果のコンテンツを特定する
  • サーチの絞り込み
  • タイムラインを使用する
  • イベントを使用して作業する
  • サーチジョブの制御
  • サーチ結果の保存

 

 

モジュール 3 - フィールドを使用してサーチを実行する
  • フィールドについて理解する
  • フィールドを使用してサーチを実行する
  • フィールドサイドバーを使用する
  • サーチモードを使用する (高速、冗長、スマート)
モジュール 4 - レポートとダッシュボードの作成
  • サーチをレポートとして保存する
  • レポートを編集する
  • 統計 (表) を示すレポートを作成する
  • 視覚化データ (チャート) を示すレポートを作成する
  • ダッシュボードを作成する
  • ダッシュボードにレポートを追加する
  • ダッシュボードを編集する
モジュール 5 - Splunk のサーチ言語の基礎
  • サーチパイプラインを理解する
  • サーチ構文の概念を理解する
  • tables、rename、fields、dedup、sort のコマンドを使用してサーチを実行する
モジュール 6 - 基本のトランスフォームコマンドの使用
  • top コマンド
  • rare コマンド
  • stats コマンド
モジュール 7 - ルックアップの作成と使用
  • ルックアップの説明
  • ルックアップファイルのサンプルを確認する
  • ルックアップファイルとルックアップ定義を作成する
  • 自動ルックアップを設定する
  • サーチでルックアップを使用する
モジュール 8 - アラートとスケジュールドレポートの作成
  • スケジュールドレポートの説明
  • スケジュールドレポートを設定する
  • アラートの説明
  • アラートを作成する
  • 検知アラートを表示する
モジュール 9 - マクロの作成と使用
  • マクロの説明
  • 基本のマクロを作成して使用する
  • マクロの引数と変数を定義する
  • マクロに引数を追加して使用する
モジュール 10 - データモデルの作成
  • データモデルとピボット間の関係
  • データモデルの属性を特定する
  • データモデルを作成する データモデルをピボットで使用する