プレスリリース

Splunk Observability Cloudの提供を開始

あらゆる規模の複雑さを克服できるSplunkのデータドリブンのオブザーバビリティ製品を 完全なポートフォリオとして利用可能に

サンフランシスコ – 2021年5月12日 – Data-to-Everythingプラットフォーム提供するSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、本日、業界唯一のフルスタック、分析主導型、エンタープライズグレードのオブザーバビリティソリューションであるSplunk® Observability Cloudの提供開始を発表しました。ITおよびDevOpsチームのためのSplunk Observability Cloudについての詳細は、SplunkのWebサイトをご覧ください。

Splunk Observability Cloudを使用することで、ITチームおよびDevOpsチームは、メトリクス、トレース、ログが統合された1つのインターフェイスからすべての答えを得ることができます。すべてのデータはリアルタイムに、サンプリングされることなくあらゆる規模で収集されます。これまでの製品の中でも最も包括的で使いやすい統合型のSplunk Observability Cloudは、業界をリードするオブザーバビリティソリューションとして評価されています。

Splunkの最高プロダクト責任者であるSendur Sellakumarは次のように述べています。「クラウドへの移行では、あまりにも多くの監視ツールが組み合わされ、それにより目の届かない場所やデータサイロ、連携されないワークフローなどが発生しています。ITチームやDevOpsチームは、そのように複雑さを増したシステムと常に格闘しています。Splunk Observability Cloudは、この複雑さを克服し、組織のクラウドトランスフォーメーションを加速できるよう支援します」

Lenovo社のオンラインおよびeコマース運用ディレクターであるBen Leong氏は次のように述べています。「Splunkのオブザーバビリティソリューションで、当社の平均解決時間(MTTR:Mean Time To Resolution)を30分から5分以下に短縮できました。ブラックフライデーの繁忙期にはアップタイムを100%維持できたのですが、この数字は前年と比べると300%の改善ということになります。Splunkのオブザーバビリティソリューションは当社の運用効率、チームのコラボレーション、トラブルシューティングの所要時間を大きく改善しました。このおかげで、当社は常にお客様に対して最高のエクスペリエンスを提供できています」

組織のクラウドトランスフォーメーションを加速するSplunk Observability Cloud

Splunk Observability Cloudは、インフラ監視、アプリケーションパフォーマンス管理、リアルユーザー監視、合成モニタリング、ログ調査、インシデント対応のすべてに対処できる、世界最高クラスのソリューションです。Splunk Log ObserverSplunk Real User Monitoring (RUM)、そして新しいSplunk Synthetic Monitoringの各製品が一般提供されることで、ITチームやDevOpsチームは比類ないエンドツーエンドの可視化を実現することができます。フルパッケージのSplunk Observability Cloudには、Splunk Infrastructure MonitoringSplunk APM、Splunk RUM、Splunk Synthetic Monitoring、Splunk Log Observer、Splunk On-Callが含まれます。Splunkの業界トップの技術である、NoSample™による完全忠実なデータの取り込み、リアルタイムのストリーミング分析、圧倒的なスケーラビリティにより、監視、トラブルシューティング、ビジネスクリティカルな問題の解決において、かつてないほどの能力をもたらします。

DevOpsユーザーとそのユースケース向けに設計されたSplunk Log Observerは、トラブルシューティングのためにログ調査を必要とするSRE、DevOpsエンジニア、開発者にSplunkのログ管理機能を提供します。また、Splunk RUMは、Webブラウザのパフォーマンスを包括的に可視化し、トラブルシューティングの所要時間を短縮します。Splunk APMとSplunk RUMを組み合わせることで、ユーザートランザクションをエンドツーエンドで可視化する業界で唯一の高精度な監視ソリューションを実現します。Splunk Synthetic Monitoringは、買収したRigor社のテクノロジーに基づく新しいソリューションで、現在はSplunkプラットフォーム全体に統合されています。この最高クラスの合成モニタリングソリューションを使用すれば、APIやサービスエンドポイント、ビジネストランザクション、ユーザーフローのアップタイムおよびパフォーマンスを改善できます。

Splunkの製品管理、オブザーバビリティ、IT運用担当バイスプレジデントであるSpiros Xanthosは次のように述べています。「これまでITチームやDevOpsチームがアプリケーションとインフラの監視や管理に使用してきたツールは、互いに接続されておらず、多くの場合は2つか3つのプラットフォームに分かれていました。Splunk Observability Cloudは、オブザーバビリティに必要なすべてのソリューションを統合された1つのインターフェイスにまとめています。お客様は、この製品ですべてのデータを包括的に把握し、エンタープライズ規模で運用することができます」

Splunk Observability CloudはOpenTelemetryのデータを大規模に取り込んで管理できるよう設計され、最適化されています。これによってお客様はオープンソース標準に従ってデータを活用できます。この製品はOpenTelemetryネイティブであることから、お客様はベンダーロックインに煩わされることなくデータの取り込みを統合でき、軽量でオープンソースであるOpenTelemetryインストルメンテーションでリソースの消費を低減できます。

シンプルな価格体系で増大するデータに取り組むお客様を支援

データ量が増し、組織がますます複雑化する中、Splunkではシンプルな価格体系を提供できるように努めています。このバンドル製品はまさにそのためのものです。Splunk Observability Cloudは、ITチームやDevOpsチームが得られる価値に直接結びつくホストベースの単一で明確な価格体系のもと、これらの機能を統合します。

Splunkでは、Splunk Observability Cloudに加え、ITおよびセキュリティチームに特化したクラウドテクノロジーのバンドル製品も用意しています。Splunk Observability Cloud、Splunk IT Cloud、Splunk Security Cloud向けのエンティティベースの価格体系およびCloud Foundations向けのワークロードベースの価格体系に関する詳細は、SplunkのWebサイトをご覧ください。

Splunk Inc.について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、世界中の組織がデータを行動につなげることを支援します。Splunkのテクノロジーは、データをあらゆる規模で調査、監視、分析、活用することを目的に設計されています。

© 2021 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。Splunk, Splunk>, Data-to-Everything, D2EおよびTurn Data Into Doingは、米国およびその他の国におけるSplunk Inc.の商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk Services Japan合同会社 広報
press@splunk.com