金融サービスおよび保険

データドリブンに基くアクション

ウェビナー | 金融サービスのためのSplunk

金融サービス業のデータ分析でビジネスを変革

金融サービスビジネスでは常に何らかの形でデータが利用されます。取引、顧客、各種商品から生成される大量のデータがこの業界の推進力になっています。データがあらゆる意思決定に影響する今日、組織と顧客の両方にとって重要な課題を解決するには、包括的なデータ戦略が欠かせないという認識が高まっています。それこそが、金融サービス企業が効率を高め、収益を拡大して、リスクとコンプライアンスの優先順位を最適化するための唯一の方法です。Splunkは、それを実現するプラットフォームとして高い評価を受けています。

電子書籍:金融業界セキュリティ対策 – Splunkを活用する5つのエリア

金融業界に対する規制は絶えず変化しています。また顧客の期待値や、他社との競争、セキュリティの脅威の高度化、地域情勢の動向などに加え、テクノロジーも変化し続けています。高度な脅威の検出、オーケストレー ション、自動化、そして対応まで、幅広いセキュリティユースケースをご紹介します。

Data-to-Everythingプラットフォームのメリット
サイバーセキュリティ

サイバーイベントを抑制して対応を自動化

クライアントやユーザーの異常な行動はビジネスリスクにつながる可能性があります。こうしたインシデントの特定と調査、自動対応プレイブックの適用、ダッシュボードの作成により、問題を未然に防いで、ユーザーに影響が及び、顧客の不満を生む状況に発展するのを回避できます。

Aflacの事例を見る
金融犯罪対策
詐欺や金融犯罪のリスクを軽減

犯罪者は常に、統制の不備や監視の隙を突いて不正行為を行う機会をうかがっています。Splunkはさまざまな統合機能を通じて社内システムと連携し、構造化データと非構造化データを効果的に分析します。

IT運用
常時稼働環境でインフラの整合性を向上

社内ITネットワーク全体で高い可用性を実現し、問題解決を迅速化します。多数のシステムをリアルタイムで監視し、生成される大量のデータを相関付けて、意思決定を促進します。さらに予測分析を利用すれば、システム障害を未然に防止できます。

他にご質問がございますか?