行政・公共機関のデータ活用

あらゆるミッションにデータを活用

迅速かつ確実な意思決定で行動を促進

The Splunk Platformは、データに基づくインサイトをリアルタイムで提供することにより確実な意思決定と行動を支援して、行政・公共機関のミッションの成功をサポートします。 Splunkは、米国政府の立法、行政、司法の3つすべての部門、行政部の全省庁、米軍下の4つすべての省で採用されています。

Splunk Enterprise 7.3および8.1は、NIAP (National Information Assurance Partnership)からコモンクライテリアの認定を受けています。また、Splunk Cloudは、FedRAMPセキュリティ基準のインパクトレベル「Moderate (中)」の認定を受け、価値実現までの時間を短縮します。さらに、Splunk CloudのFedRAMPサービスも、ITARで「U.S. Persons (米国民)」の要件を満たし、ISO 27001の認定を受けています。

 

Splunkソフトウェアを使えば、以下のことを実現できます。

Splunkのダッシュボードとレポートはフュージョンセンターの中核を担います。これらを基に幹部が現状を把握して意思決定を行っています

Atri Kalluri氏 米国国勢調査局、国勢調査セキュリティ/データインテグリティ担当シニアアドボケート

 

ビッグデータがもたらす機会と課題

政府(行政)機関 政府(行政)機関

政府(行政)機関

マシンデータから新たなインサイトを引き出して、質の高い公共サービスの提供と個人情報の保護を両立させます。

詳細はこちら>
国防・情報機関・警察 国防・情報機関・警察

国防・情報機関・警察

データを収集、分析、保存して、国家の安全を脅かす脅威を検出します。

詳細はこちら>
地方自治体 地方自治体

地方自治体

構造化データと非構造化データを活用して効率を向上させ、市民に新しいサービスを提供します。

詳細はこちら>

Splunkと行政・公共機関

データの保護

高度なサイバー攻撃などの脅威は国家にとっての最大のリスクであり、サイバー防御は国家安全保障の中核をなします。Splunk Enterprise Security、高度な脅威の検出機能、User Behavior Analytics (UBA)を組み合わせれば、業界トップクラスのセキュリティ分析とリスク管理を実現できます。また、FedRAMPセキュリティ基準に準拠したSplunk EnterpriseとSplunk Cloudは、ATO (Authority-to-Operate、中位影響レベル)の早期達成を可能にし、導入直後からプロアクティブなリスク管理を実現します。

行政機関のボトルネックを解消し、プロアクティブなインシデント管理と例外管理を実現

サービス提供

いずれの政府機関も、目的が保護であれ福祉であれ、市民の利益に直接結びつく業務を担っています。SplunkプラットフォームとSplunk IT Service Intelligenceを組み合わせれば、ボトルネックを解消し、プロアクティブなインシデント管理と例外管理を実現することにより、一貫したサービスを適切なタイミングで提供できます。

Splunkはデータセンターの最適化、共有サービスの展開などを実現

モダナイゼーション

多くの政府機関がイノベーションを推進して、効率化、リスクの削減、ミッションの達成を目指しています。Splunkは、クラウド/ハイブリッド環境への移行、アプリケーションの合理化、システムの統合、既存のデータセンターの最適化、共有サービスの展開などを実現することにより、モダナイゼーションの課題克服に貢献します。

公共機関のモダナイゼーション
Splunkでできること