製品名が新しくなりました!

製品名が新しくなりました! 詳細はこちら


Splunk On-Call

アラートを適切な担当者にアサインすることで、チームが迅速に協力して問題を解決できるようになります
Splunk On-Callタイムライン

オンコールを効率化する5つの方法

Splunk On-Callの機能について詳しくご紹介

製品機能
インシデント管理を自動化し、過剰なアラートを減らしてアップタイムを増やす
オンコールのスケジュール確認
オンコールスケジューリングをシンプルに 

Splunk On-Callを使用すれば、オンコールスケジュールとエスカレーションポリシーを合理化できます。また、ローテーションから優先度の変更まで、すべてのインシデント管理の基本作業システムを自動化できます。

インシデント対応のイメージ
迅速なインシデント対応

Splunkは、コンテキストに即したアラート情報や機械学習による提案を提供し、重要な修復データを収集しながら、問題を迅速かつ効率的に解決するためのコラボレーションを可能にします。

インシデント分析とレポート作成

インシデントの頻度、MTTA/MTTR、インシデント事後レビューなどのレポートを使用して、チームはアラートのノイズを管理し、迅速な問題解決を推進し、負担を軽減し、イノベーションを促進できます。

モバイル

リアルタイムの可視性によるアプリケーションデリバリーの向上

iOSとAndroidのネイティブアプリケーションを使用して、メタデータが豊富に含まれる通知をデバイスで直接受信できます。行動、解決、再ルーティング、さらにはアラートのスヌーズまで、すべてをアプリケーション内で直接実行できます。

アプリケーションでのインシデント管理
Splunkでできること