エネルギーおよび公共事業のセキュリティを強化

詳細な情報を取得してエネルギーや公共事業の障害を削減

産業データとITをリアルタイムで可視化

ITシステム、産業用制御システム、スマートメーター、センサーは、複雑な非構造化マシンデータを大量に生み出しますが、そこには貴重なデータ情報が埋もれています。Splunkソフトウェアを使用すれば、このようなマシンデータを活用して、エネルギーおよび公共事業を扱う企業は運用の健全性からインフラのセキュリティ体制まで、あらゆる状況を判断できます。
Splunkソフトウェアを使えば、以下のことを実現できます。
  • 社内の資産データとシステムの健全性をリアルタイムで監視
  • サイバーセキュリティの脅威から重要なインフラを保護
  • NERCコンプライアンスレポートの作成を効率化
  • センサー、デバイス、SCADAなどの産業用制御システムからインサイトをリアルタイムで取得

Splunk のポートフォリオのメリット

エネルギー、公共事業を行う企業のためのサイバーセキュリティ

ダウンタイムを最小限に抑えてITおよびOT環境のセキュリティを確保

ITとOTのギャップを埋めてセキュリティを包括的に把握し、基幹インフラを外部のサイバー攻撃などの脅威から保護し、セキュリティを強化します。さらに、NERC CIPやその他の基準で求められるコンプライアンスレポートの作成を効率化します。

Splunkプラットフォームでのダウンタイムの最小化 Splunkプラットフォームでのダウンタイムの最小化

リアルタイムの可視化

重要なシステムの信頼性を向上

複数のシステムやデータソースをリアルタイムで一元的に可視化します。SCADA/ICSの健全性を監視することで、稼働時間を維持し、インシデント管理を合理化してダウンタイムを削減できます。

Splunkプラットフォームでのリアルタイムの可視化 Splunkプラットフォームでのリアルタイムの可視化

エネルギー、公共事業運用の最適化

意思決定を的確かつ迅速に

企業は分析、機械学習、AIを活用して、リアルタイムデータと履歴データからインサイトを抽出します。AR (拡張現実)やモバイルエクスペリエンスを利用すれば、適切なデータを適切な場所とタイミングで適切な担当者に提供できます。

Splunkプラットフォームでの運用の最適化 Splunkプラットフォームでの運用の最適化
Splunkでできること