デジタルエクスペリエンス監視

デジタルエクスペリエンスを向上

エンドユーザーのエクスペリエンスからバックエンドサービスまでを可視化して、迅速なトラブルシューティングとカスタマーエクスペリエンスの最適化を実現

making sense of digital experience monitoring

デジタルエクスペリエンス監視の概要

エンドユーザーエクスペリエンスを向上するための高度な機能を集約

問題を迅速に検出して修復

問題を迅速に検出して修復

Webブラウザーからバックエンドサービスまで、OpenTelemetryベースの技法で収集した高精度なデータに基づいて問題をピンポイントで特定

Webパフォーマンスを最適化

Webパフォーマンスを最適化

最新のパフォーマンスメトリクス、フィルムストリップ、ベストプラクティスなど、オブザーバビリティを活用した高度なWeb最適化機能によってパフォーマンスを改善

カスタマージャーニーを向上

問題をすばやく解決

動的なコンテンツから、API、サードパーティ製品との依存関係まで、ユーザーフロー全体を理解して速度と効率を向上

機能

エンドツーエンドの可視化でWebパフォーマンスを向上

遅延をすばやく特定 遅延をすばやく特定

遅延をすばやく特定

Webブラウザーからバックエンドサービスまですべての過程について、サンプリングせずに収集された高精度なトレースを調査して、問題をすばやく特定できます。

パフォーマンスを簡単に調整

Splunkの最適化エンジンにより、ページごとにパフォーマンスの向上策が提案されます。これにより、ページの読み込み時間、ユーザー操作、表示の安定性をすばやく改善できます。

パフォーマンスを簡単に調整 パフォーマンスを簡単に調整
デプロイを効率化 デプロイを効率化

デプロイを効率化

アップタイムやパフォーマンスの管理をCI/CDパイプラインとDevOpsプロセスに組み込むことができます。本番環境へのデプロイ前にユーザーエクスペリエンスをテストして、パフォーマンスのボトルネックを特定し、解消できます。

30% 30%

読み込み時間を短縮

decker brands decker brands

お客様事例

Blue Apron社、Splunk Synthetic Monitoringでロードタイムを30%短縮

Splunk Synthetic Monitoringのおかげで読み込み時間が30%短縮し、お客様に起きていた問題を解消し、Webパフォーマンスを最適化できました。

Tom Wilson氏、 Blue Apron社プリンシパルエンジニア

ユースケース

包括的なソリューションを提供

リアルユーザー監視 リアルユーザー監視
エンドユーザーエクスペリエンス監視

ユーザーエクスペリエンスをベンチマークして改善

詳細はこちら(英語)
Synthetic Monitoring Synthetic Monitoring
アップタイムとパフォーマンスの監視

アップタイムとパフォーマンスをプロアクティブに監視

詳細はこちら(英語)

その他の機能

ブラウザーからバックエンドサービスまでエンドツーエンドで強力かつ高精度なトレーシングを実現

インテグレーション

エンドユーザーエクスペリエンスのあらゆる側面を向上

JenkinsやJiraと統合すれば、CI/CDパイプライン全体のパフォーマンスを簡単に測定できます。障害やアラートが発生したときは、Slack、PagerDuty、ServiceNow、OpsGenieなどで通知できます。Splunk On-Call、Splunk Infrastructure、Splunk APM、Splunkコア機能と連携して、エンドポイントのアップタイムを監視することもできます。

その他の情報
リソース

デジタルエクスペリエンス監視の概要

DEM戦略に必要なもの

 

関連製品

カスタマーエクスペリエンス重視でビジネス成果を向上

SplunkのDEMソリューションを活用して顧客を念頭にソフトウェアを開発および改善

エンドツーエンドのオブザーバビリティ エンドツーエンドのオブザーバビリティ

エンドツーエンドのオブザーバビリティ

詳細はこちら
バックエンドのインサイト獲得 バックエンドのインサイト獲得

バックエンドのインサイト獲得

詳細はこちら

始めましょう

フロントエンドを改善してビジネス成果を向上しましょう。