分析主導型セキュリティでビジネスを保護

デモを見る (英語)

Find Fraud's Fingerprints in Machine Data (マシンデータから不正行為の特徴を見つけ出す) - 2018 年 3 月 27 日火曜日、午前 10:00 (PDT)

ユースケース
Splunk がどのように支援するのかを知る
セキュリティ監視

リアルタイム監視を実現

すぐに使用できるカスタム相関サーチで重要な機器のセキュリティを継続的に監視することで、脅威を検出し、セキュリティ体制を確認し、コンプライアンスを確保できるようにします。
不正行為の検出

不正な行為や取引を防止

不正行為を特定し、手遅れになる前に対応します。
高度な脅威検出

最新の高度な脅威を検出

異常検知と機械学習により、未知の脅威や高度な脅威を検出するために欠かせない機能をアナリストに提供します。
コンプライアンス

コンプライアンス対応を簡素化

データソースに関係なく、データを取り込み、自動的にレポートを作成して、コンプライアンスを実証します。
内部脅威者

ネットワーク内の状況を把握

マルチパス機械学習アーキテクチャにより、異常行動と精度の高い脅威インテリジェンスを自動的に関連付けます。
インシデント対応

迅速かつ正確に適切な対応を実施

調査サイクルを可視化し、記録することで、セキュリティインシデントと脅威を検出、分析し、対応策を実行します。
インシデント調査とフォレンジック

単一の情報源で調査

しきい値、アラーム、インジケーター、傾向のグラフ表示機能など、視覚的な分析機能で調査サイクルを短縮します。
SOC 自動化

セキュリティ オペレーション センターを自動化

企業全体で知識を共有し、自動で抽出したり、アダプティブレスポンスを活用したりすることにより、マシン並みのスピードで検出と対応を実行します。

金融部門

不正行為を検出して内部脅威を撲滅
詳細はこちら

医療

コンプライアンス監査を自動化して重要なセキュリティ体制を強化
詳細はこちら

公共機関

IT の変革とセキュリティの強化によって目的を達成
詳細はこちら

-