プレスリリース

Splunk、AIOpsとマルチクラウド監視の機能を強化して 組織をデータの時代に導く

動的なIT運用ポートフォリオとSAPおよびIT環境向けの高度な監視ソリューションで ITモダナイゼーションジャーニーを変革

サンフランシスコおよびオンラインで開催中の.conf20 – 2020年10月21日 – Data-to-Everythingプラットフォームを提供するSplunk Inc. (NASDAQ: SPLK)は本日、Splunk IT Service Intelligence (ITSI)の新バージョン、Splunk® Service Intelligence for SAP® ソリューションSplunk Infrastructure MonitoringアドオンSplunk IT Essentialsを含む、Splunkの拡張されたIT運用向けポートフォリオを発表しました。このSplunkの高度なITソリューションを使用することで、ITモダナイゼーションジャーニーのどの段階にあってもクラウド中心の変革を推進することが可能となります。

クラウドへの移行は組織の規模に関係なく価値をもたらしますが、データの時代には急激な変化が起こりやすいため、ビジネスニーズの急変に対応するには動的なソリューションが必要です。SplunkのIT運用ポートフォリオには、マルチクラウド、オンプレミス、ハイブリッドなどのあらゆる環境に対応し、組織のクラウドジャーニーの推進をサポートする包括的かつ柔軟な分析主導型の監視ソリューションが揃っています。

SplunkのIT運用担当バイスプレジデントであるKia Behniaは次のように述べています。「この1年間、新型コロナウイルスの世界的な感染拡大により、ミッションクリティカルなビジネスサービスやインフラをクラウドに移行する組織が増加し、デジタルトランスフォーメーションやデジタルビジネスサービスに対する要求は高まる一方です。Splunkの高度で幅広いIT運用ソリューションなら、ビジネスやミッションクリティカルなサービスのパフォーマンスを確保するために必要なスピード、拡張性、分析能力、エンドツーエンドの可視化を実現して、クラウドへの移行を加速させ、マルチクラウド環境を確実に管理できます」

マクラーレングループでCIOを務めるKaren McElhatton氏は次のように述べています。「今やデータはFormula 1やレースに欠かせません。私たちはビジネスについてあらゆる角度からインサイトを得ているため、データの規模とスピードはますます拡大しています。チームが世界のどこにいてもデータを適切に管理して意思決定を迅速に行えるように、当社ではハイブリッドクラウド環境を採用しています。Splunkは、当社の環境をエンドツーエンドで可視化して安全で信頼性の高いデータアクセスを可能にし、ITモダナイゼーションジャーニーを牽引してくれます」

SplunkのAIドリブンの監視によってSAPソリューションを強化

データの時代に成功を収めるには、組織内のすべてのデータを把握する必要があります。それは、パフォーマンスを維持しながら顧客の成功を支援するためにビジネスを可視化する必要のある、何万ものSAPユーザーにとっても大きな課題です。SAPとSplunkの戦略的パートナーシップによって生まれたSplunk Service Intelligence for SAP®ソリューション(現在限定公開中)は、AI (人工知能)ベースの監視とSAPのテクノロジースタックを融合させて、SAPソリューションを含むIT環境全体をエンドツーエンドで可視化します。

Splunk Service Intelligence for SAP®ソリューションでは、ITSIの使用経験の有無に関係なく、サービスの健全性を包括的に把握すると同時に各インシデントを詳細に調査することができるため、ミッションクリティカルなビジネスサービスの監視、問題のトリアージと解決、レポートの作成、そして最終的にはコストのかかるダウンタイムの回避を実現することができます。

SAP社でソフトウェアソリューションパートナーのグローバル責任者を務めるTom Roberts氏は次のように述べています。「SAP App CenterでSplunkの新しいService Intelligence for SAP®ソリューションを公開した後も、SAPとSplunkは引き続き、インテリジェントエンタープライズの実現というパートナーシップの目標の達成に取り組んでいきます。Splunkとのコラボレーションによって、今日の厳しい環境でもレジリエンスと俊敏性を向上させることができるアプローチでお客様の『ベストランビジネス』を実現し、成功を後押しできるよう両社共同で取り組んでいきます」

SplunkのITソリューションがあらゆる環境の効率性とビジネス成果を向上

デジタル化が進む今日の世界では、システム停止はコストにつながります。連携しない複数の監視ツールを使用するITチームは、インシデントを解決する以前の問題として、非効率的なプロセスや不完全な可視化に悩まされています。最新バージョンのSplunk IT Service Intelligenceでは、クラウド環境でもオンプレミス環境でも、エンドツーエンドの可視化、運用の効率化、ビジネスインテリジェンスの活用を実現して、顧客に影響が及ぶ前にインシデントを予測して防止できます。

Splunk ITSIなら、組織の環境を問わず、機械学習(ML)をすべてのデータに相関させて適用し、パフォーマンスをリアルタイムで監視し、インテリジェントにアラートを生成して、インシデント管理を一元化できます。強化されたサービス監視ダッシュボードでは、高パフォーマンスのイベント分析と最新の機械学習機能によって、トラブルシューティングを迅速化し、ビジネス成果の向上につながる業務に集中できます。

さらに、Splunk Infrastructure Monitoringアドオンを使用すれば、Splunk Infrastructure Monitoring (旧称SignalFx Infrastructure Monitoring)のメトリクスデータをシームレスに収集してSplunkのData-to-Everythingプラットフォームと統合することで、すべての環境を包括的に監視および調査できます。Splunk ITSIをすでにお使いの場合は、この統合によってKPIサービス監視とアラート管理を実現して、環境全体の生産性と可視性をさらに向上させることができます。

このほかにも、Splunk Cloud向けの新しいSplunk IT Essentials (現在ベータ版を公開中)では、Splunkを初めて使用する管理者向けに、一般的なITソースを監視してインサイトを取得するための詳細なガイダンスが提供されています。IT運用ポートフォリオに含まれるSplunkの高度な機能にこのガイダンス機能が加わったことで、さらに容易にインサイト取得までの時間を短縮し、ITモダナイゼーションジャーニーを加速させることができます。

SplunkのITソリューションについての詳細は、SplunkのWebサイトをご覧ください。

Splunk Inc.について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、世界中の組織がデータを行動につなげることを支援します。Splunkのテクノロジーは、データをあらゆる規模で調査、監視、分析、活用することを目的に設計されています。

© 2022 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。Splunk, Splunk>, Data-to-EverythingおよびTurn Data Into Doingは、米国およびその他の国におけるSplunk Inc.の商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk Services Japan合同会社 広報
press@splunk.com