ユースケース

CI/CDパイプラインの監視・分析

アプリケーションのデリバリーライフサイクルには、アプリケーションの開発やテストから本番環境の監視まで、さまざまな段階があります。Splunkプラットフォームは、CI/CDパイプラインのすべての段階についてリアルタイムのインサイトを提供します。

CI/CDパイプラインの監視

コードからクラウドまでデータに基づくCI/CDパイプラインのインサイトを取得

継続的な自動監視 継続的な自動監視

継続的なCI/CDパイプラインの自動監視

視覚的なインターフェイスでログを調査し、フィルタリングによって重要な結果だけを表示

品質向上と迅速なデプロイ 品質向上と迅速なデプロイ

品質向上と迅速なデプロイ

コンテキストがわかるように整形されたログにより、調査とワークフローをすばやく簡単かつ確実に実行

データの統合 データの統合

データの統合

サービスコンテキストの追加により、ログ監視、インフラ監視、APMをシームレスに切り替え

リアルタイムの自動監視でCI/CDパイプラインを効率化

Splunk® EnterpriseとSplunk Cloud™

リアルタイムのDevOps監視によるアプリケーションデリバリーの向上

DevOpsを導入しているITチームは、Splunkソフトウェアによってアプリケーションデリバリーの速度や品質、ビジネスへの影響を改善できます。個別のリリースコンポーネントに特化している他のソリューションと違い、Splunkはデリバリーライフサイクルのあらゆる段階についてリアルタイムのインサイトを提供します。

DevOps
Splunk® EnterpriseとSplunk Cloud™

コードプッシュが頻繁でも監視を怠らない

本番環境へのデプロイ前、デプロイ後、さらにデプロイ中のパフォーマンスを検証します。俊敏性を維持するために頻繁にコードをプッシュする場合でも、CI/CDデリバリーパイプラインをリアルタイムで監視できます。

CI/CDの監視を怠らない
Splunk Infrastructure MonitoringとSplunk APM

トランスフォーメーションの成果を測定

CI/CDパイプライン分析でオブザーバビリティを確保することで、トランスフォーメーション目標の達成状況を把握できます。Splunkは開発プロセス全体を詳細に可視化します。

トランスフォーメーションの成果を測定
Splunk On-Call

インシデント管理を自動化して過剰なアラートを削減しアップタイムを増加

Splunk On-Callでは、メトリクス、ログ、独自の監視ツールセットを統合することで単一の情報源を確立できます。これにより、緊急対応チームは問題をすばやく解決できます。また、モバイルやWebからチャットやアラート転送を利用して複数のチームで協力して問題に対応したり、インシデント事後レポートを参照してサービスの改善に継続的に取り組むこともできます。Splunk On-Callならオンコール監視の負担を軽減できます。

 

アプリケーション監視
customer background customer background

お客様事例

Quantum Metric社とその顧客がSplunk Observability Cloudでより良い製品をより短期間で開発

オブザーバビリティ (可観測性)がないと、お客様にデータをリアルタイムで見せることができなくなります。Splunk は、完全なリアルタイムアラートを提供し、お客様が常に明確な状況を把握できるようにしてくれます。

Brent Miller氏 Quantum Metric社クラウドオペレーション シニアプロダクトマネージャ
5つの基本的なDevOpsプラクティス

電子書籍

5つの基本的なDevOpsプラクティス

レポートを読む
Lenovo社の成功事例

成功事例

Lenovo社:Splunk Observabilityで快適な eコマースエクスペリエンスを実現

お客様事例を読む
ガートナー社2020年マジック・クアドラント

アナリストレポート

ガートナー社2021年マジック・クアドラントのアプリケーションパフォーマンス監視(APM)部門

レポートを読む
Splunkbase

DevOps用のSplunk App

Splunkプラットフォームは、主要なDevOpsソリューションと連携しています。これらの無料Appとアドオンをダウンロードすることで、アプリケーションのデリバリーパイプライン全体で最大限の可視性が実現します。