Splunkによる2022年の予測

Splunkのエキスパートが、数年先に主流となるデータテクノロジーとトレンドを考察します。

2022年の予測 2022年の予測

概要

新たなレベルのリーダーシップ

Splunkによる2022年の予測レポートでは、激動の時代の戦略的アプローチについて深く考察します。

  • 2022年にはエッジコンピューティングへの注目が高まり、2024年までには世界を変えることになるでしょう。
  • クラウドへの急速な移行が進みますが、パフォーマンスとカスタマーエクスペリエンスの監視の問題はオブザーバビリティで解決します。
  • リモートワークとオフィス勤務のハイブリッドな働き方が広がる中で、リーダーは共感とアカウンタビリティの醸成、そしてオフィスの新しい役割の構築に取り組む必要があります。

セキュリティ編

サプライチェーン攻撃やランサムウェアなどの脅威と戦う

セキュリティの脅威は増加の一途をたどっていますが、従来の戦術のいくつかは今でも最善の策です。2022年の重要な展望をご紹介します。

  • ランサムウェア攻撃は職業化し、サプライチェーンを標的とした攻撃は今後も続くでしょう。
  • DevSecOpsはすでに企業の間で浸透し始めています。
  • 新しい攻撃を阻止する方法を私たちはすでに知っています。
2022年の予測 2022年の予測
2022年の予測 2022年の予測

IT運用/DevOps編

新たな課題を克服する

クラウドは過去10年にわたって大きな変革の波を牽引してきました。この先はどうなるのでしょうか。

  • サーバーレスは拡大すると同時に、予想以上の混乱をもたらします。
  • データレジデンシー法(データの保管場所に関する法整備)はグローバルなIT組織の新たな頭痛の種になるでしょう。
  • AIOpsとオブザーバビリティが融合し、2022年末までには密接な関係になると考えられます。