false
Global nav V2 patch, remove after adding the mobile languages fix in the codebase (S7 or S8)
プレスリリース

Splunk、ガートナー社が調査した 2019年のパフォーマンス分析マーケットシェアで1位を獲得

パフォーマンス分析のサブセグメントであるAIOps、ITIM、およびその他の監視ツールで 2019年のトップシェアに

サンフランシスコ – 2020年8月20日 – Data-to-Everythingプラットフォームを提供するSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は本日、ガートナー社の「Market Share: Enterprise Infrastructure Software, Worldwide, 2019 (マーケットシェア:エンタープライズインフラストラクチャソフトウェア、全世界、2019年)」*において、パフォーマンス分析のサブセグメントであるAIOps、ITIM、およびその他の監視ツールでSplunkがマーケットシェア1位を獲得したことを発表しました。ガートナーは、Splunk IT Service Intelligence (ITSI)、Splunk App for Infrastructure、Splunk Cloud、SignalFx Infrastructure Monitoringを含むSplunkのIT製品を評価しています。

本レポートによると、Splunkはマーケットシェアの16.5%を獲得し、総売上を9億1,970万ドルに伸ばして1位を獲得しました。ガートナーの2018年の分析では、SplunkはIBM社に次いで2位でしたが、2019年はIBM社がマーケットシェアの13.2%を獲得して2位、Microsoft社が8.4%を獲得して3位でした。また、ガートナーはこのカテゴリーにおけるSplunkの成長率が30.4%であると推定しています。

SplunkのITマーケット担当シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャーであるRick Fitzは次のように述べています。「IT環境はますます複雑になっており、ITチームは組織をサポートするため、より多くの役割を求められ続けています。このため、データを確認して理解し、それに基づいて迅速に行動することで組織全体のビジネス成果の拡大を可能にする、SplunkのITソリューションが必要とされています。Splunkは、組織のあらゆるITニーズに応えられる最適なソリューションであり、ITのあらゆる課題を解決するためにSplunkを選んでくださったすべてのお客様に感謝いたします」。

SplunkのITソリューションがあれば、従来のIT運用から最新のIT運用へと移行することが可能になり、そこから価値あるビジネス成果を得ることで、データを行動に変えることができます。SplunkのITソリューションについての詳細は、SplunkのWebサイトをご覧ください。

*ガートナー「Market Share: Enterprise Infrastructure Software, Worldwide, 2019 (マーケットシェア:エンタープライズインフラストラクチャソフトウェア、全世界、2019年)」、Vanitha Dsilva氏、Michael Warrilow氏、Laurie Wurster氏他、2020年4月13日

Splunk Inc. について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、Data-to-Everythingプラットフォームを通じてデータを行動につなげます。Splunkのテクノロジーは、データをあらゆる規模で調査、監視、分析、活用することを目的に設計されています。

© 2020 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。Splunk, Splunk>, Data-to-Everything, D2EおよびTurn Data Into Doing は、米国およびその他の国におけるSplunk Inc.の商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk Services Japan合同会社 広報
press@splunk.com