アナリストレポート

ガートナー社レポート『市場シェア分析:ITOMパフォーマンス分析ソフトウェア Worldwide 2019年)』

ITOMパフォーマンス分析とそのサブセグメントであるAIOps、ITIM、およびその他の監視ツールでSplunkが2019年の世界最大シェアを獲得

a

Splunkは、ITOMパフォーマンス分析とそのサブセグメントであるAIOps、ITIM、およびその他の監視ツールの2019年版ベンダーランキングで1位を獲得しました。レポートでは、Splunkが2019年に同サブセグメントの世界市場シェアの16.5%を獲得し、総売上を2018年比30.4%増の9億1,970万ドルまで伸ばしたと報告されています。

ITOM市場は2019年に309億ドルに到達し、2018年比10.0%増の成長を遂げました。この調査レポートでは、2019年における同市場の主要領域の結果について論じられています。

124億ドルに到達したパフォーマンス分析ソフトウェア市場は、特定領域専門のアプリケーション(ネットワークトラフィックといった単一の領域に特化)から製品中心のアプリケーションおよびサービスへと移行し、パフォーマンスがエンドユーザーとビジネス成果に与える影響を示す機能が重視されています。

フォームからご登録いただき、無料のレポートをぜひご覧ください。レポートでは次のような内容に触れています。

  • パフォーマンス分析ベンダーの2019年版ランキング(総合およびサブセグメント別)
  • ITIM、ITOM、AIOpsソリューションなど、パフォーマンス分析ソフトウェア市場の主なトレンドと調査結果
  • 新規参入企業と既存企業間の市場シェアの移り変わり

ガートナー社レポート:『市場シェア分析:ITOMパフォーマンス分析ソフトウェア Worldwide 2019年』、Laurie F. Wurster、Supradip Baul共著、2020年6月17日。Splunkは、ITOMパフォーマンス分析セグメントのランキングにおいて、2019年に世界で9.8%の市場シェアを獲得しています。

このランキングは、より大きな研究文書の一部としてガートナー社によって発表されたものであり、レポート全体のコンテキストの中で評価されます。ガートナー社のレポートは、Splunkの要請によって入手可能です。

今すぐダウンロード

次へ

a