a

セキュリティ環境が変化し続け、リスクが必然的に高まるにつれ、会社全体のネットワークやアプリケーションのセキュリティを強化するために、企業ではセキュリティオペレーションセンター (SOC) への投資が進められています。SOC では、サイバーセキュリティのインシデント防御を統合して一元的に行うほか、セキュリティイベントの監視、検出と対応、他のビジネスユニットからの要求をサポートします。

ガートナー社は先日、『最適な SOC モデルを選ぶには』というレポートを発表しました。その中で、SOC モデルを選択する際にセキュリティおよびリスク管理の責任者が考慮すべき重要事項について説明しています。

『最適な SOC モデルを選ぶには』レポートをダウンロードして、以下の内容についてご確認ください。

  • SOC は脅威の監視、検出、対応を含むさまざまなセキュリティ運用機能を提供する。
  • ユースケースが複雑で、広範囲にわたってセキュリティを運用している大企業では、従来のセキュリティ運用と包括的な機能を統合している。
  • 外部プロバイダーと連携するハイブリッド SOC は信頼できるオプションであり、多くの企業で採用されている。

ガートナー社『最適な SOC モデルを選ぶには』、Gorka Sadowski、Craig Lawson、Toby Bussa、Pete Shoard、Rajpreet Kaur、Mitchell Schneider 共著、2018 年 9 月 18 日

GARTNER は、Gartner, Inc. および/またはその関連会社の米国および国際的に認められた登録商標およびサービスマークであり、ここでは許可を得て使用しています。無断複写・転載を禁じます。

今すぐダウンロード

a