調査レポート

2022年のオブザーバビリティ調査

グローバル調査:オブザーバビリティ(可観測性)が不可欠になりつつある今日、リーダー的組織はマルチクラウドを幅広く可視化して、デジタルエクスペリエンスを劇的に改善しています。

今日、オブザーバビリティへの注目は高まるばかりです。今回の調査では、その理由を探りました。組織のオブザーバビリティを担う1,250人の現場担当者、マネージャー、エキスパートを対象にアンケートを行った結果、オブザーバビリティ実践の成熟度を高めることによる具体的な成果が明らかになりました。

『オブザーバビリティ調査レポート2022』のサムネイル
  • オブザーバビリティのリーダー的組織では、自社製アプリケーションの問題を数分以内に検出できる割合がビギナー組織の2.1倍にのぼります。
  • リーダー的組織はMTTRを69%短縮していることもわかりました。
  • リーダー的組織におけるダウンタイムの年間平均コストは250万ドルで、ビギナー組織の2,380万ドルを大幅に下回りました。

ハイブリッドかつマルチクラウドのインフラが進化し続ける中、組織は複雑化の進行、可視性の低下、担当者の負担の増大という課題に直面しています。その解決の鍵を握るのがオブザーバビリティの成熟度向上です。ぜひレポートをダウンロードして調査結果の全容をご覧ください。

今すぐダウンロード

次へ