ユースケース

CI/CDパイプラインの監視

アプリケーションのデリバリーライフサイクルには、アプリケーションの開発やテストから本番環境の監視まで、さまざまな段階があります。Splunkプラットフォームは、これらすべての段階についてリアルタイムのインサイトを提供します。

コードからクラウドまでデータに基づくインサイトを獲得

継続的な自動監視

CI/CDパイプラインを自動でリアルタイムに監視して俊敏性を維持

品質向上と迅速なデプロイ

本番環境へのデプロイ前にコードの品質を高めて業務への影響を回避

リアルタイムの自動監視でCI/CDパイプラインを効率化
Splunk® EnterpriseとSplunk Cloud™
リアルタイムのDevOps監視によるアプリケーションデリバリーの向上

DevOpsを導入しているITチームは、Splunkソフトウェアによってアプリケーションデリバリーの速度や品質、ビジネスへの影響を改善できます。個別のリリースコンポーネントに特化している他のソリューションと違い、Splunkはデリバリーライフサイクルのあらゆる段階についてリアルタイムのインサイトを提供します。

ci-cd-dont
Splunk® EnterpriseとSplunk Cloud™
コードプッシュが頻繁でも監視を怠らない

本番環境へのデプロイ前、デプロイ後、さらにデプロイ中のパフォーマンスを検証します。俊敏性を維持するために頻繁にコードをプッシュする場合でも、CI/CDデリバリーパイプラインをリアルタイムで監視できます。

Splunk Infrastructure MonitoringとSplunk APM
トランスフォーメーションの成果を測定

パイプライン分析でオブザーバビリティを確保することで、トランスフォーメーション目標の達成状況を把握できます。Splunkは開発プロセス全体を詳細に可視化します。

Splunk On-Call
インシデント管理を自動化して過剰なアラートを削減しアップタイムを増加

Splunk On-Callでは、メトリクス、ログ、独自の監視ツールセットを統合することで単一の情報源を確立できます。これにより、緊急対応チームは問題をすばやく解決できます。また、モバイルやWebからチャットやアラート転送を利用して複数のチームで協力して問題に対応したり、インシデント事後レポートを参照してサービスの改善に継続的に取り組むこともできます。Splunk On-Callならオンコール監視の負担を軽減できます。

Splunkbase

DevOps用のSplunk App

Splunkプラットフォームは、主要なDevOpsソリューションと連携しています。これらの無料Appとアドオンをダウンロードすることで、アプリケーションのデリバリーパイプライン全体にわたる可視性が実現します。