SPLUNK LIFE

Splunker Stories 社員の声 - Splunk Partner Businessの醍醐味とは?

Splunkのソリューションエンジニア(以下、SE)組織には複数のチームが存在しています。その1つに、パートナー様と一緒にビジネス開発を進めるPSE(Partner Solutions Engineer)チームがあります。

様々なユースケースを提供できるSplunkプラットフォームを使って、各パートナー様の特色を活かしたサービス開発のサポートを行うPSEの仕事内容とやりがいについて、横田さんと長島さんに語っていただきました。


長島さんと横田さんの自己紹介、そしてこれまでのキャリアについて教えていただけますか?pse

横田:Splunk入社8年目を迎えました。入社時はハイタッチのアカウントSEとしてキャリアをスタートして、その後セキュリティ専任のコンサルタントSE(現在のソリューションズアーキテクト(以下SA *参照1))にロールチェンジし、SIEMビジネスに注力してきました。

2年前からセキュリティとオブザーバビリティのSAチームのマネージャーになり、当時からSplunkのプレミアムAppを担いでもらうためのパートナービジネスのサポートも少しずつ始めて、2024年2月から本格的にプレミアムAppを一緒に担いでビジネスをしてくれるパートナー協業の推進を強化するためパートナーSEチームのマネージャーも兼任することになりました。以前にソリューションアーキテクトマネージャーの紹介Blogにてこれまでのキャリアについて触れていますので、過去の詳細はそちらをご参考ください。

長島:現在入社2年目です。これまでは仮想化ソリューションやエンドポイントモニタリングソリューションの会社などで、プリセールスSEや運用支援のサービスを行ったりしていました。特に前職でプリセールスSEをやっていたときにはパートナー様とのお付き合いが多く、Splunkでもパートナー様のビジネス推進をぜひやりたいと思っていたのでたくさんのパートナー様とお仕事させていただき感謝しています。

PSE(Partner Solutions Engineer)はどのような仕事ですか?

長島:パートナー様も多くのSplunkエンジニアを抱えていますが、新しいSplunkのソリューションを紹介したり、勉強会などを定期的に開催したりしてパートナー様が最新のSplunkのソリューションを扱い、パートナー様のソリューションとして販売できるように支援しています。もちろんその中で個別の案件相談や新たなパートナーソリューション開発のための相談を受けたりすることもありますし、技術者育成のための資格取得のプランニングを支援させていただいたりもしています。

横田:個々のパートナー様に対するビジネスは各SEと営業にお任せしています。そのため、パートナーSEチームのマネージャーとして私は、パートナーチーム全体の課題の整理や、まとめて解決するための仕組み・仕掛け作りをメインに注力しています。例えば、パートナー様が新たに開発してくれたサービス(例:Enterprise Securityを導入した後の活用支援サービス)をSplunkのハイタッチ営業やSEに紹介する場をセットして、協業しやすい雰囲気を醸成する事を意識しています。またプレミアムApp製品のように深い製品知識やドメインナレッジをパートナーに求められる場合は、ソリューションズアーキテクトのメンバーにもサポートしてもらう必要がありますので、ソリューションズアーキテクトとパートナーSEが協業しやすいチームワークを形成する事も私のミッションです。

PSE(Partner Solutions Engineer)としてどのような人に入社してもらいたいですか?

横田:現在チーム構成として、製品に精通しているソリューションアーキテクトとパートナービジネスに精通しているパートナーSEが一緒になり、Splunkの1−2年後のビジネスを作るための協創活動を強化しています。

Partner & Solutions Teamの活動方針

今後、PSEとして入社いただく方には、Splunkが注力しているセキュリティとオブザーバビリティ製品を扱うビジネス開発に興味を持って頂ける方にぜひ入社頂きたいです。Cisco社に統合されたことで今後益々、セキュリティとオブザーバビリティのポートフォリオは厚みと深みが増していくことが予想されます。新しい製品、サービスに興味があり、それをパートナーと一緒に協業販売し、Splunkビジネスをスケールさせる活動にやりがいを感じる方と一緒にチャレンジしていきたいです。

長島:SEとして、セキュリティやオブザーバビリティなど多様な技術エリアにキャッチアップしたい技術意欲がある方が良いと思います。Splunkはクラウドやファイヤーウォール、セキュリティ製品など多様な製品のログを取り込むので色々な製品・テクノロジーが関わってきます。パートナー様がSplunkのビジネスを推進するには主管のSEだけでなく、多くの方と積極的に関わる必要があります。

社内でも色々な立場の方と調整をしながら進めていくので、たくさんの人と相談しながら話を進めていく事が好きな方に来ていただきたいです。SplunkのSEは色々な専門を持った方が助け合いながら仕事を進めています。Cisco社との統合後はそのような仕事の進め方がもっと増えてくると思うので、一緒に組んだときに楽しく仕事ができる方をお待ちしています。

*参照1 SA(ソリューションズアーキテクト)はSecurityとObservability製品のいずれかの専門領域を持ち、アカウントSE/パートナーSEと一緒に案件を進めるドメインに特化した技術部隊です。


社員の声(ソリューションエンジニア)


Splunkのキャリアについてより詳細に知りたい方は、こちらをご確認ください。

Japan Talent Acquisitionチームは、Splunkがよりレジリエントなデジタルワールドを実現するために、一役を担うことのできる人材を発掘する役割を担っています。この目的を達成することは、私たちの力によって可能であり、Splunkerが最高の仕事ができるように、自分自身のすべてを発揮できるようにすることだと信じています。Splunkのブログでは、日本チームのメンバーや彼らの素晴らしい仕事ぶりを紹介することで、Splunkでの生活がどのようなものかを感じていただければと思います。是非、https://www.splunk.com/ja_jp/careers.htmlで募集職種をご覧ください!

TAGS
Show All Tags
Show Less Tags