Splunkのトレーニング + 認定

Intro to Splunk

コースの説明

このEラーニングコースでは、Splunkを使用してレポートとダッシュボードを作成する方法、およびSplunkのサーチ処理言語を使用してイベントを調査する方法をご紹介します。受講者は、Splunkのアーキテクチャとユーザーロールの基礎、およびSplunk Webインターフェイスを操作して堅牢なサーチ、レポート、可視化、ダッシュボードを作成する基本的な方法を学ぶことができます。

ラボを利用したEラーニング

2つの提供方法の長所を兼ね備えています。自分のペースで進めるEラーニングビデオにいつでもどこでもアクセスできるほか、インタラクティブなラボ環境を利用してスキルを磨くことができます。

登録
Eラーニング

ビデオ専用の無料オンラインコースなら、いつでもどこでもご自身のペースで学習できます。

登録

コースの前提条件

クラス:
  • なし
スキル:
  • なし

コーストピック

  • Splunkのインターフェイスの概要
  • 基本サーチ
  • フィールドを使用したサーチ
  • サーチの基礎
  • トランスフォームコマンド
  • 可視化
  • レポートとダッシュボードの作成
  • ナレッジオブジェクトの種類の確認

コースの目的

トピック1 – Splunkの紹介
  • Splunkのコンポーネント
  • Splunkの基本的な機能
 
トピック2 – Splunkの使用
  • Splunk Appsの定義
  • Splunkユーザーロールの理解
  • Appの検索とレポート作成
  • Splunk Webインターフェイス
 
トピック3 – サーチの使用
  • 基本サーチの実行
  • サーチの時間範囲を設定する
  • サーチ結果の保存
  • サーチ結果のコンテンツを特定する
  • イベントを使用して作業する
  • サーチジョブの共有
  • サーチ結果のエクスポート
  • サーチモードの選択
  • サーチジョブの制御
 
トピック4 – イベントの調査
  • サーチの絞り込み
  • タイムスタンプの理解
  • イベントタブを使用して検索ワードを追加/削除する
 
トピック5 – サーチ処理言語
  • ワイルドカードを使用して複数のワードをサーチする
  • サーチにおける大文字と小文字の区別を理解する
  • ブール値を使用して検索条件を含める/除外する
  • 検索条件に特殊文字を使用する
 
トピック6 – コマンドの概要
  • Splunkのサーチ言語の構造を理解する:
  • 検索ワード
  • コマンド
  • 関数
  • 引数
  • サーチ記述のベストプラクティスを理解する
 
トピック7 – ナレッジオブジェクトの概要
  • ナレッジオブジェクトの5つのカテゴリーを確認する:
  • データの解釈
  • データの分類
  • データの補強
  • データの正規化
  • データモデル
  • ナレッジオブジェクトの種類を理解する
 
トピック8 - レポートとダッシュボードの作成
  • サーチをレポートとして保存する
  • レポートを編集する
  • トランスフォームコマンドを使用して可視化する
  • ダッシュボードを作成する
  • ダッシュボードにレポートを追加する
  • ダッシュボードを編集する