プレスリリース

Splunk、クラウドイノベーションによるデータの時代に向けた 組織の備えを加速(.conf20)

Data-to-Everythingプラットフォームの生産性、ストリーム処理、機械学習強化、 組織のクラウドトランスフォーメーションを強力にサポート

サンフランシスコおよびオンラインで開催中の.conf20 – 2020年10月21日 – Data-to-Everythingプラットフォームを提供するSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は本日、IT、セキュリティ、オブザーバビリティに関するあらゆる意思決定、問題解決、ビジネス戦略にデータを活用するためのSplunk Cloud™Splunk® Enterpriseの新しい機能拡張を発表しました。これらのイノベーションは、最新の統合データプラットフォームでの組織のクラウドトランスフォーメーションを加速させます。生産性の大幅な向上、インサイトの強化、管理の効率化を実現するSplunk Enterprise 8.1はすでに一般提供が開始されています。

Splunkの最高プロダクト責任者であるSendur Sellakumarは次のように述べています。「データの時代に入り、クラウドとデジタルテクノロジーへの移行が加速し、組織は新たな業務環境に適応しつつあります。組織が今後も適応と拡大を続けていくには、クラウドソリューションが欠かせません。Splunkのソリューションは、新しいサーチ機能とモバイル機能によって優れたスピード、拡張性、柔軟性を提供することで、組織がクラウドトランスフォーメーションを達成し、データの時代に成功を収めるだけでなく繁栄を続けていけるよう後押しします」

NASDAQ社は、マルチクラウド戦略を取り入れて、世界中の顧客に製品とサービスを提供する方法を変革しています。NASDAQ社で最高テクノロジー&インフォメーション責任者を務めるBrad Peterson氏は、.conf20で行われたSendur Sellakumarとのバーチャルインタビューの中で、同社のクラウドトランスフォーメーションについて説明しました。

「データはNASDAQのビジネスの中核をなしています。当社では大量のデータを迅速かつ安全に処理する必要があります。それを実現したのがクラウドトランスフォーメーションです。Splunkは、NASDAQのクラウド戦略における戦略的パートナーであり、お客様に革新的なソリューションを届けるために必要なデータインサイトを提供してくれます」(Brad Peterson氏)

マルチクラウド関連の機能を拡張し、コアプラットフォームをさらに強化して、適切なデータ戦略の策定とデータアクセスの向上のための新しい方法を提供

Splunkは、クラウドネイティブのテクノロジーとソリューションの強化によって、クラウドへの移行をさらに容易にします。Splunk Cloudのリリースサイクルが短くなったことで、サービスデリバリーに影響を及ぼすことなく最新機能をすぐに利用できるため、価値実現までの時間を一層短縮できます。新しいストリーム処理機能では、データオンボーディングを迅速化し、信頼性を高めることができます。さらに、ワークロードをクラウドに移行する際の選択肢が増え、現在ベータ版として提供されているSplunk Operator for Kubernetesを使用することで、Splunk EnterpriseをKubernetes環境に簡単に展開し管理できるようになりました。

毎年開催されるユーザーカンファレンス、.conf20で、Splunkは、高度な分析、データサイエンス、機械学習を実現する新しいソリューション、Splunk Machine Learning Environment (SMLE)と、Splunkの基盤テクノロジーのアップデートを発表しました。また、IT、セキュリティ、オブザーバビリティのいずれのユースケースでも、お客様が管理するクラウド環境にどこからでもアクセスし、データを操作してインサイトを活用できるようにするための新機能も紹介しました。主なアップデートは以下のとおりです。

  • Splunk Machine Learning Environment (SMLE)は、機械学習のモデルやアルゴリズムを簡単に作成および運用でき、大規模なデータから価値を引き出すための新しい専用ソリューションです。エンドツーエンドの機械学習ライフサイクルを簡素化するだけでなく、高速開発による本番環境へのリリース期間の短縮、モデルの一元管理、大規模な監視の自動化を実現します。SMLEを利用すれば、データ量が増え続ける中でも、データを1つのプラットフォームに集約して、最適なスピードでインサイトを取得できます。SMLEのベータ版はすでに公開済みです。
  • 最新バージョンのSplunk Data Stream Processor (DSP)は、Google CloudやAzure Event Hubを含むマルチクラウド環境に対するデータストリーミング機能の拡大をサポートします。また、機械学習を活用した新機能によって、人手では不可能な規模のストリームを処理することにより、データの多様化と増大に対応できます。さらに、処理負荷を最小限に抑えながら機械学習機能でデータに情報を付加し、ダウンストリームのサーチの精度と効率を高め、IT、オブザーバビリティ、セキュリティチームの付加価値を向上させます。Splunk DSPは今年の後半にクラウド向けにリリースされる予定です。
  • Splunk Connected Experiencesのアップデートによって、外出先でもデータインサイトを活用して、ユーザーの生産性をどこでも維持できるようになりました。Splunk Augmented Realityに追加された新しいリモートコラボレーション機能では、離れた場所にいるユーザーが共有エクスペリエンスにより1つの環境で共同作業できます。Splunk TVでは、異なるネットワークに接続されている複数のテレビを一元管理できます。さらに、App StoreのApple TV®に加えて、Android™ TVFire® TVでもSplunk TVを利用できるようになりました。  すでに一般提供されているSplunk Virtual Realityでは、3Dエクスペリエンスによって大規模なデータを視覚的に比較し、トレンド分析を簡素化することで、必要なデータをすばやく見付けることができます。

Splunk Cloud on Google Cloudでクラウドジャーニー全体をサポート

Splunkはさらに、Google Cloudとの戦略的パートナーシップを強化することでデータアクセスを拡大し、クラウドファーストのビジネス環境での組織の成功を後押しします。このパートナーシップによって、オンデマンドのスケーリングに対応し、クラウドネイティブのSplunk Cloudサービスを利用する際の選択肢を増やすことで、イノベーションを加速させます。限定公開で評価され、一般公開されたSplunk Cloud on Google Cloudは、Google Cloud、マルチクラウド、ハイブリッドクラウド環境をエンドツーエンドで可視化します。

The Auto Club Group社で最高情報セキュリティ責任者を務めるGopal Padinjaruveetil氏は次のように述べています。「コンテキスト(情報)を付加したデータは、数百万人にのぼるAAAメンバーに安全と安心を最高の形でお届けするために当社が信頼する最も戦略的な資産と言えるでしょう。SplunkのData-to-EverythingプラットフォームとGoogle Cloudのセキュアなインフラという強力な組み合わせにより、クラウド、マルチクラウド、ハイブリッド環境の可視化を強化して、メンバーを最大限に保護することができます。  Splunk Cloud on Google Cloudのおかげで、データに基づく意思決定を組織のコアコンピテンシーとして、組織全体の俊敏性とビジネス価値を大幅に向上できます」

Splunkのソリューションについての詳細は、Splunkのウェブサイトをご覧ください。

Splunk Inc.について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、世界中の組織がデータを行動につなげることを支援します。Splunkのテクノロジーは、データをあらゆる規模で調査、監視、分析、活用することを目的に設計されています。

© 2021 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。Splunk, Splunk>, Data-to-Everything, D2EおよびTurn Data Into Doingは、米国およびその他の国におけるSplunk Inc.の商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk Services Japan合同会社 広報
press@splunk.com