アナリストレポート

IDC調査レポート:KPIによるビジネス成果実現に向けサービス提供の最新化に取り組む

今日、数多くのエンドユーザーや顧客にデジタルサービスやリモートサービスを提供する企業が増えていますが、企業のITチームの多くは、これらのサービスの健全性を可視化できずにいます。可視性が欠如すると、サービス提供のパフォーマンス低下につながりかねず、サービス提供チームのプロアクティブな対応も難しくなるため、問題解決が常に後手に回ることになります。そして最終的には、収益、顧客満足度、従業員の生産性に悪影響を与えます。

IDC社でマネージメントソフトウェアおよびDevOps担当プログラムバイスプレジデントを務めるStephen Elliot氏は、この最新調査レポートの中で、デジタルトランスフォーメーションプロジェクトを加速させる今日の状況と、その結果としてのITチームとビジネスチーム間のコラボレーションの増加について考察しています。デジタルサービスがすべてのビジネスの土台となる今日、これらのサービスの健全性を維持することはビジネス成果の向上に不可欠です。また、ITリーダーは、サービスの健全性をKPIと結び付けて、ITの妥当性と重要性を戦略的価値のレベルで証明しようとしています。企業にとって、ビジネスサービスの提供をKPIと整合させることは、かつてないほど重要になっているのです。

この無料レポートでは以下の内容を紹介しています。ぜひダウンロードしてご覧ください。

IDC調査レポート:KPIによるビジネス成果実現に向けサービス提供の最新化に取り組む IDC調査レポート:KPIによるビジネス成果実現に向けサービス提供の最新化に取り組む
  • 新型コロナウイルスの感染拡大が加速するITチームとビジネスチームのコラボレーション
  • デジタル世界で成功を収めるためにトップダウンかつフルスタックの可視化が重要である理由
  • サービスの健全性とテクノロジーメトリクスを整合させてシステム停止を防ぎ、エンドユーザーエクスペリエンスを向上させるためのベストプラクティス

今すぐダウンロード

次へ