ホワイトペーパー

Splunkが提案する “セキュリティジャーニー”という新発想

a

日本におけるサイバーセキュリティの政府予算は800億円を超え、国にとってサイバーセキュリティ対策がどれほど重要事項であるかを物語っていますが、これは企業にも同じことが言えます。今こそ経営トップが最前線と「同じ目線」で脅威を把握し、自社を取り巻くセキュリティ状況を把握すべきです。

本資料は、脅威ハンティング(スレットハンティング)手法、サイバーハイジーン(衛生管理)などの最新セキュリティ対策の実態や、サイバー攻撃のトレンドなどをまとめています。必須となる最新のセキュリティフレームワークの解説を通して、セキュリティ業界の新たな潮流が理解した上で、現場の疲弊感がどこにあるのか、セキュリティ人材不足に経営層はどのような対策を取るべきかのヒントをご紹介します。

解決策としてセキュリティ自動化に向けた最適化プロセスを挙げ、脅威が高度化・複雑化する時代のあるべき姿を解説しています。

  • すでにPrevention(防御)は限界に、今 はDetection(検知)の時代
  • 有効な情報として活用したい 脅威インテリジェンス
  • IT環境を健全に保つための サイバー・ハイジーン(衛生管理)
  • 注目されるナレッジベースおよび「ATT&CK」
  • 高度な自動化によって人手による対応からの脱却が可能な 「セキュリティRPA」

今すぐダウンロード

次へ

a