Splunkのトレーニング + 認定

Visualizations

コースの説明

このEラーニングコースでは、Splunkのサーチ処理言語やSplunk Webインターフェイスを使用してSplunkで可視化を行う方法を学んでいただきます。データをグラフに表示するコマンド、地理的データを地図に変換するコマンド、単一値視覚エフェクトを作成するコマンド、Splunkのビジュアルフォーマットオプションを使用して統計表の外観を変更するコマンドをご紹介します。

Eラーニング

ビデオ専用の無料オンラインコースなら、いつでもどこでもご自身のペースで学習できます。

登録
ラボを利用したEラーニング

2つの提供方法の長所を兼ね備えています。自分のペースで進めるEラーニングビデオにいつでもどこでもアクセスできるほか、インタラクティブなラボ環境を利用してスキルを磨くことができます。

登録

コースの前提条件

クラス:
  • なし
スキル:
  • なし

コーストピック

  • 変換コマンドを使用したデータの整形
  • 可視化に使用するためのデータの準備
  • 地理的データを使用した地図の生成
  • 単一値視覚エフェクトの作成とカスタマイズ
  • 統計表の視覚的な整形

コースの目的

モジュール1 – タイトル
  • fieldsコマンド
  • tableコマンド
  • dedupコマンド
  • addtotalsコマンド
  • fieldformatコマンド
モジュール2 – タイトル
  • 可視化タイプ
  • 変換コマンドを使用して結果をデータテーブルに並べる:
    • top
    • rare
    • stats
    • chart
    • timechart
    • trendline
  • さまざまな変換コマンドを使用するタイミングを理解する
モジュール3 – タイトル
  • 地理的可視化タイプ
  • 地理的データに特化したコマンドの使用
    • iplocation
    • geostats
    • geom
  • 階級区分図に使用するデータの準備
モジュール4 – タイトル
  • 単一値視覚エフェクトのビジュアルフォーマットオプションの使用
  • 単一値視覚エフェクトへのスパーク線の追加
  • Trellisレイアウトを使用した視覚エフェクトの分割
  • gaugeコマンドの使用
  • 各可視化タイプ(radial gauge、filler gauge、marker gauge)の使用
モジュール5 – タイトル
  • 統計表のフォーマットオプション
  • グラフオーバーレイの作成
  • 可視化タイプごとのフォーマットオプション