Splunk® User Behavior Analytics

ユーザー行動分析ソフトウェア:機械学習でユーザーの行動分析を行い、未知の脅威や内部の不正に対するセキュリティを強化するツール

Splunk User Behavior Analytics Splunk User Behavior Analytics

ウェビナー   |   高度な脅威や内部脅威に先手を打つ方法をご紹介

未知の脅威と内部の不正行動を監視し、機械学習で検出

高度な脅威検出 高度な脅威検出

行動ベースの高度な脅威検出

従来のセキュリティツールでは検出できない異常や未知の脅威を検出

生産性の向上 生産性の向上

生産性の向上

数百もの異常を1つの脅威に自動的に関連付けることができ、セキュリティアナリストの業務負荷を軽減

脅威の捕獲を迅速化 脅威の捕獲を迅速化

脅威の捕獲を迅速化

あらゆるエンティティ、アノマリ、脅威に対する詳細な調査機能と高度な行動ベースラインを活用

製品機能

未知の脅威を機械学習で自動的に検出

行動分析の可視性と検出機能を強化

機械学習を利用して脅威検出を自動化し、セキュリティを強化します。より忠実な行動ベースのアラートによってレビューと解決を迅速に実行できるため、脅威の捕獲により多くの時間を使うことができます。

可視性と検出機能を強化 可視性と検出機能を強化
脅威の捕獲を迅速化 脅威の捕獲を迅速化

脅威の捕獲を迅速化

人手によるユーザー行動分析を行うことなく、異常なエンティティを迅速に検出できます。ユーザー、アカウント、デバイス、アプリケーションに関する多彩なアノマリタイプ(65種類以上)と脅威の分類(25種類以上)が用意されています。これにより、まったく新しい攻撃のパターンや、信頼できる人間のアクセスに対してもすばやく発見と対策を行うことができます。

 

SOCリソースの解析を効率化

ユーザー、アカウント、デバイス、アプリケーションなどの複数のエンティティで観察された数百ものアノマリを1つの脅威に自動的に関連付けて、迅速な対応を可能にします。

SOCリソースの解析を効率化 SOCリソースの解析を効率化
Splunk ESとSplunk UBA Splunk ESとSplunk UBA

併用してパワーアップ:Splunk ES + Splunk UBA

Splunk® Enterprise SecurityとSplunk User Behavior Analytics (UBA)を組み合わせれば、人間主導の作業とマシン主導のソリューションのパワーの両方の強みを活かして脅威とアノマリを検出・解決でき、最大限の価値を得られます。

 
nasdaq nasdaq

お客様事例

市場を動かし続ける:SplunkとNASDAQ

lunk UBA によって、内部の不正や、信頼できるユーザーが特定の時点で行っている行動についても監視を行い、詳しいインサイトを入手できます。

Martin Luitermoza 氏 NASDAQ、アソシエイト バイス プレジデント
金融サービス 金融サービス

金融サービス

口座を監視し、最高のカスタマーエクスペリエンスを提供

詳細はこちら
公共機関 公共機関

公共機関

有権者の印象に残るオペレーショナルエクセレンスを構築

詳細はこちら
医療 医療

医療

コンプライアンス監査を自動化し、医療業界のIT運用を強化

詳細はこちら

価格体系

Splunk User Behavior Analytics (UBA)を使い始める

Splunk UBAのクラウドベースサンドボックスの無料トライアルを使用して、高度なサイバー脅威検出機能を活用できます。Splunk UBAはSplunk Enterprise Securityのアドオンとして利用可能で、1日当たり500GBの容量から始めることができ、無期限ライセンスと*期間ライセンスのいずれかを柔軟に選択できます。Splunk UBAは、Splunk Enterpriseから取り込まれたデータを対象に、「監視対象アカウント単位」の価格体系の下で、スタンドアロン製品として購入することもできます。価格の詳細についてはお問い合わせください ›

*2019年11月1日より、Splunkのすべての製品とサービスに期間ライセンスが採用されています。無期限ライセンスは廃止されました。詳しくはこちらをご覧ください。

Splunkでできること

Splunk User Behavior Analyticsならユーザーの異常な行動や未知の脅威を検出できます。