false
Global nav V2 patch, remove after adding the mobile languages fix in the codebase (S7 or S8)
2024年 年頭所感

本格的なAI活用の時代が到来し、セキュリティとオブザーバビリティの統合が加速
お客様のデジタルレジリエンスの構築を支援


Splunk Services Japan合同会社 日本法人 社長執行役員 野村 健


野村健平素より格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。

このたびの能登半島地震により被災された皆さまに謹んでお見舞い申し上げます。皆さまの安全と一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

2023年は、生成AIの登場やサイバー脅威の深刻化、企業や政府のクラウド利用が加速したことによるハイブリッド/マルチクラウド環境の拡大を背景に、ITシステムのセキュリティと可用性の維持がますます難しくなりました。また、昨今はデータなくしてAIの活用は成立しないため、あらゆるデータへのアクセス、分析、活用のスピード向上、そして規制への対応がこれまで以上に求められるようになっています。

Splunkにとって創業20周年という節目でもあった 2023年は、多くのイノベーションを発表しました。お客様のデジタルレジリエンスの構築を支援することに焦点を置きながらパートナーシップの拡大と新製品の展開に注力いたしました。2023年7月には、Microsoftとの戦略的提携を発表し、マルチクラウド/ハイブリッドクラウド環境へのコミットメントを拡大したことで、お客様のニーズにより広範に応えられるようになりました。また、新ソリューションでは、OT(センサー、IoTデバイス、産業機器などによって生成される)データの取り込みと分析を自動・簡素化する「Splunk Edge Hub」や、製品の検索言語であるSPL操作をよりインタラクティブにするユーザー支援機能として生成AI App「Splunk AI Assistant」のプレビュー版の公開など複数の製品や新しい機能を発表しました。これらは、インシデントの防止、迅速な対応、組織の変革を加速するソリューションです。

また、ガートナー社が発表した 2023年アプリケーションパフォーマンス監視(APM)およびオブザーバビリティ部門のマジック・クアドラントと、2022年セキュリティ情報およびイベント管理(SIEM)部門のマジック・クアドラントでリーダーの 1社に位置付けられました。SIEM部門のリーダー・クアドラントへの位置づけは 9年連続となります。これは、Splunkが企業のセキュリティとオブザーバビリティを支援するリーダー企業としての取り組みを裏付けるものであると考えており、嬉しく思います。

また9月には、10年以上にわたりSplunkのパートナー企業として協業してきたシスコ社との統合計画を発表しました。AI、セキュリティ、オブザーバビリティの分野で屈指の存在として認められる 2社が 1つになることで、組織のセキュリティ、レジリエンス強化をさらに支援します。

2024年は、AIがもたらす影響はさらに拡大し、企業のDXやデジタル化の推進、ビジネス成長を加速させるための重要な一年になると考えています。デジタルやクラウド利用が拡大するに伴い、システム障害やサイバー脅威といった変化への対応力を高め、サービス停止などビジネスが止まることによる機会損失を最小限に抑えることもまた、事業継続に欠かせない要素です。Splunkは本年も、社員一同、パートナー様と更なる連携を図りながら、お客様の成功のために、AIを活用したエンタープライズグレードのセキュリティおよびオブザーバビリティソリューションを世界中に届け、企業のビジネス成長を支えるための信頼できる「デジタルレジリエンス」の構築を支援できるよう邁進していきます。

今後10年のテクノロジーの変化とデータの活用に関して、Splunkのテクノロジーエキスパートによる、「2024年の予測」レポートを公開予定ですので、こちらもぜひご覧ください。本年も皆さまと共に、2024年が充実し、活気ある一年となるよう尽力して参りますので、何卒よろしくお願いいたします。

Splunk Inc.について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK)が目指すのは、より安全でレジリエントなデジタル世界を作ることです。Splunkのソリューションを導入すれば、セキュリティ、インフラ、アプリケーションの問題が大規模なインシデントに発展する前に防止して、影響を最小限に抑え、デジタルトランスフォーメーションを加速できるため、Splunkは多くの組織から信頼されています。


© 2024 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。Splunk, Splunk>およびTurn Data Into Doingは、米国およびその他の国におけるSplunk Inc.の商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

免責事項

Gartner®,Magic Quadrant™ for Application Performance Monitoring and Observability, Gregg Siegfried et al., 5 July 2023

Gartner®, Magic Quadrant™ for Security Information and Event Management, Pete Shoard et al., 10 October 2022

Gartnerは、Gartner, Inc.および/または米国とその他の国におけるその関連会社の商標およびサービスマークであり、MAGIC QUADRANTは、Gartner, Inc.および/またはその関連会社の登録商標であり、本書では許可を得て使用しています。All rights reserved. Gartnerは、Gartnerリサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高のレーティング又はその他の評価を得たベンダーのみを選択するようにテクノロジーユーザーに助言するものではありません。Gartnerリサーチの発行物は、Gartnerリサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。Gartnerは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の責任を負うものではありません。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk広報事務局 (共同ピーアール内)
担当:西田、國時、上段(じょうだん)
Tel:070-4303-7271(西田) Fax:050-3737-6661
E-mail:splunk-pr@kyodo-pr.co.jp