プレスリリース

Splunk調査レポート 成熟したデータ活用プラクティスが増益とイノベーションを促進

グローバル調査から、データ活用のリーダー的組織では脅威に対するレジリエンスが向上し、売上総利益が約10%増加していることが明らかに

東京 – 2022年10月20日 –セキュリティ/オブザーバビリティデータプラットフォームのリーダーであるSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は本日、Enterprise Strategy Group社と共同で、データイノベーションの経済効果を定量化したグローバル調査レポート『2023年データイノベーションの経済効果』を発表しました。このレポートでは、データイノベーションの優位性とビジネスの成功との間に相関関係があり、データ活用に優れた組織は9.5%の増益を達成し、市場で競合他社よりも優位に立つ可能性が2.9倍高く、利益目標の超過率が2倍に達することが明らかになっています。 

REI社で最高情報セキュリティ責任者を務めるMike Hughes氏は次のように述べています。「常に時代を先取りするには強力なデータ基盤が不可欠です。当社では、データから革新的な価値を引き出すためにプロアクティブなアプローチを取り入れています。データを活用して組織の状況を可視化することにより、効率と競争力を高め、高度なセキュリティ脅威やマクロな課題に対するレジリエンスを強化しています。Splunkは、組織の規模拡大を可能にし、お客様に最高レベルのエクスペリエンスを提供するための組織戦略を支える重要な役割を担っています」

調査レポートでは、リーダー的組織の定義を「データの分類、集約、品質、分析スキル、分析ツール、監視という6つの主要領域すべてにおいて優れている組織」としています。主な調査結果は以下のとおりです。 

  • データ活用のリーダー的組織は収益を拡大し、イノベーションを加速している。リーダー的組織は、売上総利益を9.5%増加させると同時に、1年間に9種類の新製品をリリースしています。これはデータイノベーション能力が高くなければ成し遂げられないことであり、ビギナーレベルの組織が1年間にリリースする新製品は平均3種類です。また、リーダー的組織は、データイノベーションを営業、マーケティング、カスタマーサービス/サポートに適用することで、顧客生涯価値の向上に貢献したと報告する割合もビギナー組織の30%に対して49%と、より高い割合になっています。リーダー的組織はさらに、高いレジリエンスを持ち、セキュリティインシデントをより迅速に特定かつ対処できる割合がビギナー組織よりも11%高くなっています。
  • データ活用のリーダー的組織は競争力が高い。リーダー的組織では、競合他社よりも的確な意思決定がほぼ常にできていると回答した割合がビギナー組織の5.7倍にのぼります。また、今後数年間、市場で競争優位を維持し成功し続けることができると考える組織の割合もビギナー組織の4.5倍でした。
  • データ活用のリーダー的組織はデータを積極的に運用、収益化している。リーダー的組織では、データの収益化で収益が増え、急成長していると回答した割合が高い結果になりました。データ活用率はビギナー組織を38%上回り、データの収益化によってビギナー組織の2.3倍の収益をあげています。

急増するデータに対応しなければならないという重圧は、ほぼすべての組織が抱えています。一方で、重圧を強く感じている組織ほど高い成果をあげています。重圧を感じていると回答した割合は、データイノベーションのリーダー的組織で67%だったのに対して、取り組み中の組織では41%、ビギナー組織では15%にとどまりました。

Splunkの最高戦略責任者であるAmmar Maraqaは次のように述べています。「データ主導のイノベーションは大きな優位性をもたらします。データイノベーションを重視して積極的に投資している組織は、インフラとビジネスパフォーマンスを完全に可視化して、技術的な問題、セキュリティ脅威、市場の混乱への対応力を確実に高めています」 

すべての業界でデータ活用のリーダー的組織がイノベーションを先導

あらゆる業界において、データによる増益や成果向上が実現されており、それぞれの業界独自の課題や成果が生まれています。業界別の補足レポートでは、各業界の特徴を取り上げています。主な調査結果は以下のとおりです。

  • 公共機関:データの調査、監視、分析、アクションに必要なソリューション導入や人材確保にIT予算の4分の1以上を割り当てている組織が20%に達し、全業界の平均8%を大きく上回っています。
  • 金融サービス:データイノベーションを推進するためにAI/機械学習を取り入れている組織が79%にのぼり、全業界の平均67%を上回っています。
  • ヘルスケア:成熟度別でリーダー的組織に該当する組織の割合は9%である一方、ヘルスケアおよびライフサイエンス組織の11%がリーダー的地位を獲得しています。
  • 製造:サプライチェーンとオペレーションのユースケースにデータイノベーションを適用している組織が54%で、全業界の平均45%を上回ります。
  • リテール(小売り):平均を上回る10%がデータ一イノベーションのリーダー的組織であり、ブランドロイヤリティ、顧客生涯価値、データの収益化、製品イノベーション、その他多くのデータイノベーションに起因する成果を報告する傾向が高くなっています。

日本市場の主な調査結果

  • リーダー的組織ではデータの活用が進み、組織内で生成されるデータの66%を活用しています。これに対して、ビギナー組織では48%、取り組み中の組織でも57%にとどまりました。日本では、51%以上のデータを活用している組織が全体で51%にのぼり、他のすべての国の平均36%を上回りました。
  • 「今後24カ月間に優先的に対応すべきと考えるビジネス/ITのすべての課題の中で、データの把握と活用はどのくらい重要な課題ですか?」という質問に対して「社内の最優先課題である」と回答した日本の組織は13%にとどまり(全体の平均は26%)、調査対象の9カ国の中で最下位でした。
  • データイノベーションは、顧客サービス、サプライチェーンの効率化、アプリケーション開発など、さまざまな領域で改善効果をもたらします。リーダー的組織が特に改善効果を感じている領域は、アプリケーション開発と可用性(リーダー60%、ビギナー35%)、データの収益化(リーダー59%、ビギナー32%)です。日本の組織がデータイノベーションで特に改善を実現している領域は、顧客サービス/サポート(41%)、データの収益化(36%)、サプライチェーンの効率(36%)でした。
  • データイノベーションのリーダー的組織では、経営幹部レベルでイノベーション志向を実践しています。カスタマーサクセス、データガバナンス、データ戦略、データイノベーションに関する経営幹部レベルの役職を設けているリーダー的組織は90%以上にのぼりますが、ビギナー組織ではその割合が大きく下がります。日本では、これらの役職を設けている組織が56%~62%で、ビギナー組織全体の平均よりも低い結果になりました。


経営幹部レベルの役職リーダー的組織取り組み中の組織ビギナー組織日本
最高顧客責任者95%86%68%57%
最高データガバナンス責任者96%84%63%56%
最高データ責任者97%90%73%62%
最高イノベーション責任者93%85%67%56%


  • データイノベーションを阻む課題はさまざまです。日本の組織が挙げた課題トップ3は以下のとおりです。

      ◦ アイディアを実現するために各チームを調整してまとめるのが困難(29%)

      ◦ イノベーションに時間がかかりすぎる(28%)

      ◦ リスクを過度に嫌う組織文化がある(25%)


『2023年データイノベーションの経済効果』で紹介しているその他のインサイトと推奨事項については、SplunkのWebサイトをご覧ください。また、Splunkのデータ成熟度計算ツールでは、自社のデータイノベーションジャーニーの現状と潜在価値を評価できます。ぜひご利用ください。

調査方法

このグローバル調査は、Splunkが2022年5月から6月にかけてEnterprise Strategy Group社と共同で実施しました。オーストラリア、フランス、ドイツ、インド、日本、ニュージーランド、シンガポール、英国、米国の9カ国から2,000人のIT/セキュリティ/ビジネスリーダーが対象に選ばれました。

Splunk Inc.について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、世界中の組織がデータを行動につなげることを支援します。Splunkのテクノロジーは、データをあらゆる規模で調査、監視、分析、活用することを目的に設計されています。

© 2022 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。Splunk, Splunk>, Data-to-EverythingおよびTurn Data Into Doingは、米国およびその他の国におけるSplunk Inc.の商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk Services Japan合同会社 広報
press@splunk.com