プレスリリース

Splunk、Plumbr社とRigor社を買収、世界で最も包括的なオブザーバビリティ(可観測性)ポートフォリオを拡充

アプリケーションパフォーマンス監視市場を再定義

サンフランシスコおよび現在開催中の.conf20 – 2020年10月21日 – Data-to-Everythingプラットフォームを提供するSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は本日、エンタープライズアプリケーション向けの自動インストルメンテーション、リアルユーザーモニタリング、アプリケーションパフォーマンス監視に関する深いインサイト提供するアプリケーションパフォーマンス監視(APM)企業、Plumbr社の買収を完了したことを発表しました。また、最先端の合成監視および最適化ツールを提供するデジタルエクスペリエンス監視(DEM)企業、Rigor社の買収が最終合意に達しました。Rigor社のソリューションは、デジタルチャネルにおけるユーザーエクスペリエンスの最適化を支援します。

Splunkは今回の買収と製品統合により、APMおよびDEM分野における能力を大幅に拡大します。SplunkのObservability Suiteは、シームレスなエンドツーエンドオブザーバビリティ (可観測性)体験をもたらし、クラウド、オンプレミス両方の環境におけるシステムの可視化およびアプリケーションで発生するソフトウェアアーキテクチャの変換を可能にします。

SplunkのチーフテクノロジーオフィサーであるTim Tullyは、次のように述べています。「マルチクラウドやハイブリッドクラウドのアーキテクチャへの加速が世界的に進む中、オブサーバビリティ変革が必要となっています。世界中の開発、運用、ITチームが、クラウドネイティブアプリケーションの最新化と構築の迅速かつ確実な実行を支援する、リアルタイムで完全な機械学習(ML)ドリブンなソリューションを求めています。Plumbr社とRigor社はともに、クラス最高のDEMとAPMを兼ね備えた包括的なObservability Suiteをあらゆるアプリケーション向けにご提供するというSplunkのビジョンを加速させます。Splunkは、お客様のデータ全体を忠実に可視化する、業界最高レベルのエンタープライズグレードのObservability Suiteです。」

Plumbr社は、最先端のインストルメンテーション、プロファイリング、リアルユーザーモニタリング(RUM)機能を提供しており、これらはJava、PHP、Python、 .Netアプリケーションに不可欠です。Plumbr社のテクノロジーがSplunkのObservability Suiteに加わることで、これまでにない既存アプリケーションの監視およびトラブルシューティング、RUM、データベースモニタリング、コードプロファイリングを可能にします。

Plumbr社のCEO兼共同創業者であるPriit Potter氏は、次のように述べています。「PlumbrがダイナミックAPMプラットフォームの構築を9年間にわたり成し遂げてきたことを誇りに思います。優れた技術人材を見つけることは非常に困難ですが、PlumbrはDevOps分野においてトップクラスの人材を擁しています。Splunkチームと手を組み、データからあらゆるものを生み出すというビジョンをともに拡大していけることを楽しみにしています。」

Rigor社は、合成監視とインテリジェントな最適化エンジンを合わせた独自のDEMプラットフォームを提供し、ユーザーエクスペリエンスに影響を及ぼすウェブおよびAPIパフォーマンスの問題の発見、修復、防止を支援しています。Rigor社のソリューションは、Splunkがクラス最高のObservability Suiteの一部として新たに発表したRUMソリューションを補完します。

Rigor社のCEOであるCraig Hyde氏は、次のように述べています。「Splunkの既存のオブサーバビリティポートフォリオをPlumbrやRigorのソリューションと組み合わせることで、お客様が今日のビジネスに求められているスピードでデジタルトランスフォーメーションを加速させることを可能にします。Splunkは文化、技術面において最高の提携パートナーであり、Splunkのお客様がRigorを活用してデータを行動に変える支援ができることを楽しみにしています。」

Plumbr社およびRigor社の買収、Splunkの業界最高レベルのObservability Suiteについての詳細は、Splunkのホームページをご覧ください。

将来予測に関する記述

このプレスリリースには、Plumbr社およびRigor社の買収で予想される効果、買収が Splunk の現在および将来の製品やサービスに与える影響、Plumbr社およびRigor社の製品やサービスの能力、統合された製品やサービス提供の予想される効果など、リスクと不確実性を含む「将来の見通しに関する記述」が含まれています。実際の結果は、さまざまな要因によって本プレスリリースの記述から大きく異なる結果となる可能性があります。このような要因には、Rigor社の買収を完了する際に遭遇した困難、Plumbr社およびRigor社の事業、テクノロジー、人員、運用を含む統合において発生する課題、買収に伴うコスト、買収やその結果生み出される製品やサービスの市場での受け入れ状況、大規模な事業投資からの価値実現の失敗 (新製品や新サービスを含む)、全般的な市場、政治経済、ビジネスの状況などがあります。

Splunk の業績に影響を与える可能性がある要因に関する追加情報は、2020年 7 月 期四半期の Form 10-Q (四半期報告書) に記載されており、他の書類とともに米国証券取引委員会 (SEC) に提出されています。Splunk は、将来の見通しに関する記述について、その作成日以降に発生した事象や状況を反映して更新する義務を負うものではありません。

Splunk Inc.について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、世界中の組織がデータを行動につなげることを支援します。Splunkのテクノロジーは、データをあらゆる規模で調査、監視、分析、活用することを目的に設計されています。

© 2021 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。Splunk, Splunk>, Data-to-Everything, D2EおよびTurn Data Into Doingは、米国およびその他の国におけるSplunk Inc.の商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk Services Japan合同会社 広報
press@splunk.com