データの本当の価値とは - データの利活用

最新調査で未活用データの価値が明らかに

データの利活用度を測定

ESG社が実施した最新のグローバル調査により、世界の1,350の企業がデータを利活用してその価値をどのように向上させているかを検証しました。その結果、『データ利活用の成熟度』が最も高い企業は、データを活用することで、年間の売上総利益を平均12.5%伸ばしていることが明らかになりました。

に基づいて開発された『データ活用の評価ツール』では、現在のデータ利活用の成熟度と、所有している未活用データの価値を確認できます。評価は5分ほどで完了します。ぜひお試しください。

データによる売り上げ増加のイメージ

データの活用で売上を増加

ESG社の調査から、データ活用の成熟度が最も高い「データイノベーター」に該当する企業では、データドリブンマーケティングを行い、競合する企業よりも優位に立ち、より的確な意思決定を行って、売上を増加させている割合が高いことがわかりました。

データイノベーターは優れた成果を達成する

データを利活用することで大きなビジネス成果を直接得られる企業は2倍以上にのぼります。

データイノベーターのビジネス成果のグラフ

データイノベーターのディスラプション

新しい製品やサービスからの売上が全体の20%を超える企業は約10倍にのぼります。

データイノベーターのディスラプションのグラフ

データイノベーターは価値を創出する

データイノベーターはデータ活用の成熟度レベルが低い競合企業の約2倍の売上を達成しています。

データイノベーターによる価値創出のグラフ
国別の分析や業界別の分析など、詳しくは、レポートをご覧ください