アクセンチュア株式会社 : エンドツーエンドでのビジネス意思決定を行うには 〜 データの活用、現場の声 〜

コロナ禍での大きな変化のひとつに、世界中の人々が、日々感染者数などのデータを会話にするようになったことがあります。データに基づいた判断への試みが増え、改めてデータの持つ圧倒的な力・価値が世界的に見直されたと感じます。特に状況を正しく把握する、アクションがどういった効果をもたらすか、といった視点でデータが大いに活用されています。
お客様のデジタルトランスフォーメーションをデータ活用という形で支援するアクセンチュア株式会社より、Splunkを使ったエンドツーエンドのソリューションについてより具体的な事例をご紹介いただきます。 ソリューションをデリバリーしているテクノロジーコンサルティング本部(北海道拠点)の皆さまの現場の声、データの活用についての説明です。