プレスリリース

Splunk、.conf20でObservability Suiteを発表

ITチームやDevOpsチームのイノベーションを加速させる先進的なログ調査および監視ソリューションに デジタルエクスペリエンス監視ソリューションを追加してポートフォリオを拡大

サンフランシスコおよびオンラインで開催中の.conf20 – 2020年10月21日 – Data-to-Everythingプラットフォームを提供するSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は本日、組織のクラウド対応を支援しデジタルトランスフォーメーションを加速させる監視、調査、トラブルシューティングソリューションを統合した強力な製品群、Splunk® Observability Suiteを発表しました。ITおよびDevOpsチームのためのSplunk Observability Suiteについての詳細は、SplunkのWebサイトをご覧ください。

Splunk Observability Suiteは、インフラ監視、アプリケーションパフォーマンス監視、デジタルエクスペリエンス監視、ログ調査、インシデント対応のための最高レベルのSplunkソリューションを統合して密接に連携させた製品スイートです。統一された一貫性のあるエクスペリエンスで、ストリームをサンプリングしない先進的で完全忠実な取り込み機能や高度な機械学習機能を利用して、あらゆる規模のすべてのメトリクス、トレース、ログデータをリアルタイムで収集し相関付けることができます。Observability Suite提供の目的は、ITチームやDevOpsチームが、最高レベルのビジネスパフォーマンスを維持し、ダウンタイムを最小限に抑えて、世界トップクラスのデジタルエクスペリエンスを提供できるように支援することです。

Splunkのオブザーバビリティ担当バイスプレジデントであるKarthik Rauは次のように述べています。「最新のアプリケーション環境とオープンでクラウドネイティブなテクノロジーは、お客様がより有益なビジネスインサイトを取得するための鍵になるとSplunkは考えています。Splunk Observability Suiteを導入すれば、クラウドへの移行やアプリケーションのモダナイゼーションの取り組みを加速させ、これまで以上に優れた世界トップレベルのデジタルエクスペリエンスを提供できるようになると確信しています」

Yelp社でテクニカルリードを務めるChris Gordon氏は次のように述べています。「Yelpでは、エンジニアが何百もの異なるマイクロサービスを管理しています。これらのサービスはすべて、ユーザーが優れたローカルビジネスを見付けてつながりを持てるようサポートすることを目的としています。当社のプロダクションオブザーバビリティチームは、エンジニアリングチームと協力して、主要なサービスとインフラのパフォーマンスの可視化に取り組んでいます。Splunkは、エンジニアがコードをすばやくリリースしながら担当サービスを監視し、オブザーバビリティチームがシステムを一元管理し、使用状況を可視化して、監視リソースをできるだけ効率的に利用できるようにするためのツールを提供してくれます」

新しいログ調査ソリューションとデジタルエクスペリエンス監視ソリューションによって強化されたSplunk Observability Suite

Splunkは、毎年開催されるユーザーカンファレンス、.conf20Splunk Log ObserverSplunk Real User Monitoringを発表しました。Splunk Log Observerは、サイト・リライアビリティ・エンジニア、DevOpsエンジニア、開発者によるSplunkログのさらなる活用を後押しします。クラウドネイティブのソリューションであるため、数分で導入し、大手のクラウドサービスやメッセージングサービスと容易に統合して早期に価値を実現できます。ポイント&クリックでサーチを実行できるため、ログ調査を効率的に行うことができます。Splunk Observability Suiteに含まれるSplunk Log Observerは、Splunk Infrastructure MonitoringやSplunk Application Monitoring (APM)とシームレスに連携して、豊富なコンテキストに基づく包括的な監視、トラブルシューティング、調査を実現します。

Splunk Real User Monitoringでは、Splunkの監視機能を拡張し、顧客のデジタルエクスペリエンスやカスタマージャーニーを把握して最適化できます。また、Splunk APMと同じOpenTelemetryベースのデータ収集、NoSample™による完全忠実なデータ取り込み、リアルタイムストリーミングアーキテクチャ、トラブルシューティングの方向性を決めるAIドリブンの分析を利用できます。Splunk Log ObserverとSplunk Real User Monitoringのいずれも、現在はベータ版で提供されており、近い将来、正式にリリースされる予定です。

Splunk Observability Suiteは、Splunk Log ObserverおよびSplunk Real User Monitoringと、Splunk Infrastructure Monitoring、Splunk Application Performance Monitoring、Splunk On-Callを含む他のソリューションを統合してシームレスに連携させ、ユーザーエクスペリエンスを統一することで、DevOpsチームが求める比類のないエンドツーエンドの可視化を実現し、クラウドアプリケーションの問題をピンポイントで早期に検出します。

Splunk、APMとデジタルエクスペリエンス監視機能を大幅に拡大する買収を発表

また、SplunkはPlumbrの買収とRigorの買収に関する正式契約を発表しました。Plumbrは、独自のトレース機能を提供するAPM企業で、顧客にアプリケーションパフォーマンスの深いインサイトを提供しています。Rigorは、高度なシンセティックモニタリング(合成監視)および最適化ツールを提供するAPM企業です。PlumbrとRigorの製品は、業界をリードするSplunkのObservability Suiteを拡張し、包括的なデジタルエクスペリエンス監視と強化された自動インストルメンテーションを提供します。SplunkによるPlumbrとRigorの買収の詳細や、業界をリードするSplunkのObservability Suiteの詳細については、Splunkのウェブサイトをご覧ください。

Splunk Inc.について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、世界中の組織がデータを行動につなげることを支援します。Splunkのテクノロジーは、データをあらゆる規模で調査、監視、分析、活用することを目的に設計されています。

© 2021 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。Splunk, Splunk>, Data-to-Everything, D2EおよびTurn Data Into Doingは、米国およびその他の国におけるSplunk Inc.の商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk Services Japan合同会社 広報
press@splunk.com