電子書籍

Splunkによる2021年の最新動向予測 - データセキュリティ編

Splunkのエキスパートが、デジタル化とリモートワークが定着した現状のデータセキュリティと今後の動向・未来の予測について考察します。

COVID-19、リモートワーク、加速するデジタルトランスフォーメーションにより、セキュリティチームはかつてないほど多くの課題を抱えています。2021年に向けて、組織のセキュリティを強化する方法について、Splunkのエキスパートが以下の点を考察しています。

Splunkによる2021年の予測 - データセキュリティ編
  • サプライチェーン攻撃:周辺機器の脆弱性について注意する必要があります。攻撃者は個人のデバイスを標的にし始めています。
  • ビッシング:音声サービスを利用したフィッシングが台頭して、ソーシャルエンジニアリングの動きが活発化するでしょう。
  • ゼロトラスト:テレワークが当たり前になる世の中では、ゼロトラスト 、「すべてを検証する」というアプローチが基本になります。

レポートでは、クラウドの課題や生体認証と多要素認証についても取り上げており、今後の戦略的な課題と効果的なアプローチをご紹介します。

今すぐダウンロード

次へ