false
Global nav V2 patch, remove after adding the mobile languages fix in the codebase (S7 or S8)

アナリストレポート

IDC社が3年連続でSplunkをSIEM部門のNo.1プロバイダーに選出

Splunk、今年もSIEM部門のNo.1プロバイダーに

加速するデータ量の増加、攻撃対象の拡大、環境の複雑化などの課題に企業が取り組む中で、適切なSIEM (セキュリティ情報/イベント管理)プラットフォームを選択することの重要性がこれまで以上に高まっています。

このIDC社のレポートは、意思決定者が自社の環境に最適なSIEMを選択できるよう、世界のSIEMの状況と市場の動向を解説したものです。

IDC社のレポート『Worldwide Security Information and Event Management Market Shares, 2022: The Multitude of SIEMs (世界のセキュリティ情報・イベント管理(SIEM)市場シェア、2022年:多様になるSIEM)』は無料でダウンロードしていただけます。Splunkがリーダーに選出された理由をぜひお確かめください。このレポートでは以下の内容について解説しています。

  • 不正行為管理チームの業務を効率化するリスクベースアラート機能
  • Splunk Enterprise Security 7.1のリリースで利用可能になった、内部脅威のユースケースを検出するストリーミング分析と、クエリの記述を必要とせずに資産、ID、脅威オブジェクト間の関係性を可視化する新しい脅威トポロジー表示機能
  • SIEM、SOAR (セキュリティのオーケストレーションと自動化によるレスポンス)、脅威インテリジェンスを活用したセキュリティ運用を統合するSplunk Mission Controlの概要
  • Splunk Attack Analyzerによる、クレデンシャルフィッシングとマルウェア攻撃の脅威分析の自動化

今すぐダウンロード

次へ