Webセミナー

Splunkでメトリクス分析をやってみた :「IT運用者目線で分析」シリーズ2

a

本シリーズ第二弾は、「可用性とパフォーマンスの監視」に注目し、即時に障害を検知するためのメトリクス分析について、Splunkデモンストレーションを交えてご紹介します。

ITシステムが複雑化、高度化する一方でIT運用の現場としては未だに課題感が多いと思います。 ログデータやメトリックデータが散在しており、問題時の切り分け作業や解決時間に時間がかかっていないでしょうか?

SplunkによるIT運用管理の特徴としては、単一のプラットフォームにいかなる種類のログデータやメトリックデータを統合管理することで、継続的なITサービスの稼働を支援できる点です。

スピーカー

小川 健一 | Sales Engineer - Splunk Services Japan 合同会社

  • サーバー間のトランザクション性能の分析
  • 障害のあるサービスを早期に検知しサービスの健全性を調査する
  • ITサービスにおける問題の検知時間や調査時間短縮に寄与
  • 大量のイベントからのITサービスの障害予知やITシステムの故障予知

Webセミナーを見る

次へ

a