Webセミナー

Splunkでログ分析をやってみた :「IT運用者目線で分析」シリーズ1

a

本シリーズ第一弾は、ログデータを使ったイベントの相関付けと分析の方法について、Splunkデモンストレーションを交えてご紹介します。

ITシステムが複雑化、高度化する一方でIT運用の現場としては未だに課題感が多いと思います。ログデータやメトリックデータが散在しており、問題時の切り分け作業や解決時間に時間がかかっていないでしょうか?

SplunkによるIT運用管理の特徴は、単一のプラットフォームにあらゆる種類のログデータやメトリックデータを統合管理することで、継続的なITサービスの稼働を支援できる点です。サイロ化したシステムでも全体を把握することができ、IT部門で早期に障害を検知できるようになります。

スピーカー

豊留直樹 | Sales Engineer - Splunk Services Japan 合同会社



MTTRの短縮

  • 容易かつ迅速に原因を特定できるようになる
  • リアルタイムな判断が可能になる

障害発生の抑制

  • 広範な事象の相関を理解できるようになる
  • 機械学習を応用し、精度の高い監視が行えるようになる

Webセミナーを見る

次へ

a