ハイブリッドクラウドは道程でもあり、目的地でもあります

クラウドソリューションを採用する企業はますます増えており、ソフトウェアやインフラストラクチャをサービスとして展開することによる経済面およびビジネス面の効果を得ています。一部の企業にとっては、ハイブリッドはクラウドへすべてを移行するまでの道程となります。他の企業にとっては、ハイブリッドが目的地となります。以後の IT 環境は、自社運用ならびにクラウドインフラストラクチャにわたって永続的に展開されます。

ハイブリッドを道程または目的地のどちらにするとしても、その意思決定プロセスに影響を与える 4 つの主要な要素があります。これらの質問への回答は企業によって異なり、それが各社にとって最適なクラウド戦略を立案するうえで役立ちます。

コスト

コスト

インフラストラクチャを購入する場合とレンタルする場合で、経済的にどのような違いが出るのか。

ビジネスの俊敏性

ビジネスの俊敏性

どのようにすれば最速で構築、テスト、市場投入が可能なのか。

セキュリティ

セキュリティ

どこにデータを保管するのが最も安全か。クラウドは自社運用よりも安全か。

世界的なフットプリント

世界的なフットプリント

世界規模での拡張を可能にする最適な方法は何か。

ハイブリッドにおける顧客の成功

調和したハイブリッドを実現するために

ビジネスやテクノロジーにおける他の大きな変化と同様、ハイブリッドを導入するに際しては、考え方や行動を切り替える必要があります。幸い、自社運用とクラウド環境を調和させてハイブリッドで運用することは可能です。そのためには、適切なレベルの可視性、監視、そしてインサイトが必要です。

getting to hybrid harmony


他に質問がございますか?