AIOps:人工知能によるIT運用

俊敏性を高めコストを削減して今すぐ競争力を強化
データの混乱はいたる所で発生しています。種類の異なる膨大なデータは目まぐるしい勢いで増え続けており、企業はどのように対処すればよいかわかりません。しかしSplunkは、企業にもっとデータを活用して欲しいと考えています。そして急増するデータをビジネスチャンスへと変え、有効性、生産性、インサイト、自動化を推進できるようお客様を支援することをSplunkのミッションと定めています。
成功の秘訣は、人工知能によるIT運用(AIOps)へのSplunk独自のアプローチにあります。数少ない本物のAIOpsプラットフォームの1つとして、単なる「機能」としてではなく、IT運用を十分に理解した上でデータ、AI、機械学習を組み合わせることができるプラットフォームを提供しなければならないとSplunkは考えます。Splunkを利用すれば、リアルタイムに、あるいは過去にさかのぼって、ほぼすべてのソースからほぼすべての種類のデータを簡単に取り込むことができます。それにより、予測分析、予知と予測、イベントの管理と分析、クラスタリング、適応しきい値処理と統計的しきい値処理、異常検出、根本原因の特定といった最先端のAI機能やML機能を適用できます。幅広いIT運用プロセスとタスクを自動化し、手動による分析だけでは実現できない価値を引き出せるのは、このSplunk独自のアプローチのおかげです。
AIOpsのイメージ

ガートナー社による AIOps プラットフォームのマーケットガイド

新たなIT運用のためのさまざまなAI機能とML機能

IT運用のためのAI&ML機能

Webセミナー:5 Steps to a Predictive IT Strategy (予測的ITを実現するための5つのステップ)

データの課題

データへの独自のアプローチ


どれだけ優れたAI機能や機械学習機能でも、それらを支える正しいデータがなければ意味がありません。ITインフラとアプリケーションによって生成されるデータ量の急増、データの種類の多様化、そしてデータ生成速度の高速化などによって複雑さは増していますが、それに相反してコストは削減されています。そのため、IT運用チームは変革のためにAIやMLの優れた機能を活用し、自動化するどころか、業務を十分に遂行することも難しくなっています。

データへの独自のアプローチによって、機能を単に使用するだけでなく、真の成功と変革を実現できるようになります。Splunkはログ、メトリックス、テキスト、ワイヤー、API、さらにはソーシャルメディアから生成されたデータまで、ほぼすべての種類のデータをほぼすべてのツールやシステムから取り込むことができます。Splunkはこれらのデータを構造化データ、半構造化データ、または非構造化データとして、リアルタイムで、あるいは過去にさかのぼって取り込むことができます。

すべてがサイロ化し、散在するさまざまな種類のデータを単一のプラットフォームで統合できたらどうでしょうか。そのプラットフォームにAIやMLを適用すれば、チームは多すぎるアラートや複雑なツール、サイロ化したビューから解放され、問題への対処に追われるのではなく、それらの問題にプロアクティブに対応できるようになります。
データアプローチのパーセント
すべてのチームの監視を一元化

予測的ITで先手を打つ:

今の企業に必要なのは、ログ、テキスト、ワイヤー、メトリックス、API、ソーシャルメディアから生成されたデータなど、すべてのサイロにあるデータ、そしてほぼすべてのサービス、アプリケーション、インフラから取り込まれたあらゆるデータを処理できるソリューションです。AIOps機能をいくつか追加しただけの従来の監視ツールとソリューションでは、複雑な構造化データと非構造化データの量、種類、速度に対応できません。また、アドオンや機能の追加では、データ需要の増加に応じた拡張はできません。

Splunk IT Service Intelligence (ITSI)の導入

Splunk ITSIは、AIを使用してリアクティブなITを予測的ITに変え、すべてのサービス、アプリケーション、インフラを観測してインサイトを引き出すことができる監視および分析ソリューションです。Splunk ITSIは過去のデータからリアルタイムデータまで、重要なすべてのデータカテゴリーを処理できるだけでなく、拡張にも対応するよう設計されています。Splunk ITSIは数少ない本物のAIOpsプラットフォームの1つです。

ビデオを見る
AIOpsを使って危険を予測
予測的かつ予防的なアプローチにより、以下のことを実現できます。
  1. 一貫したカスタマーエクスペリエンスの維持

  2. サービス中断の回避による収益の保護

  3. 運用の効率化による生産性の向上

ダッシュボードのイメージ
期待できる成果:
”設定なAIOpsツール:障害発生の早期予測の件数”

差し迫った障害発生の早期予測

”AIOpsツール:従来の調査時間より70~90%短縮”

調査時間の短縮

”AIOpsツール:イベントノイズを95%削減”

イベントノイズの削減

”AIOpsツール:インシデントの削減設定なし”

優先順位の高いインシデントの削減

”AIOpsツール:オペレーション時間の短縮設定なし”

市場投入までの時間の短縮

AIOpsを理解する - 次のステップ

ソリューションの詳細:サービスとしてのAI

データはAIの成功に欠かせませんが、ほとんどのプラットフォームは構造化データや非構造化データをリアルタイムで収集して分析することができません。企業は、ログ、メトリックス、APIといった大量のデータを処理でき、オンプレミス、クラウド、ハイブリッドのアプリケーションとインフラに対応し、使いやすい単一のビューからリアルタイムの本番環境に機械学習を簡単に適用できるプラットフォームを必要としています。

革新的なAIOpsプラットフォームであるSplunk ITSIは、マシンデータと機械学習を組み合わせてインシデント検出を簡素化し、システムにインシデントの重大度を学習させます。また、根本原因を迅速に特定し、特定のアラートに対してプロシージャをトリガーし、障害が発生した場合のシステムの未来の状態を予測できるようお客様を支援します。これにより、世界中の企業や組織が抱えるこれらの課題を解決してきました。

実のところ、従来のITタスクをすばやく実行して継続的なインサイトの入手を可能にする機械学習ベースのデータプラットフォームこそが、人工知能によるIT運用(AIOps)なのです。AIOpsプラットフォームに投資すれば、ITとビジネスの双方で競争力を今すぐ手に入れるために必要な俊敏性とコスト削減を実現できます。