概要

Splunk Observability Cloudの監視を強化する

ログを生成するだけでなく、開発環境のすべてのレイヤーを大規模かつリアルタイムに監視しましょう。OpenTelemetryとの連携、分析によるインサイトの導出、メトリクスの可視化、ディテクターを使用したアラート生成、効率的なダッシュボードの作成などを習得できます。

 

 

対象

この試験が想定する受験者

この試験は、Splunk Observability Cloudのユーザーが基礎を習得していることを証明するものです。オブザーバビリティ担当者として、監視を新たなレベルへと引き上げあげることを目的としています。この認定を取得すれば、Splunk Observability Cloudを最大限に活用するために不可欠な概念と機能を実証できるようになります。

キャリアビルダー

Splunk認定プロフェッショナルとしての地位向上に役立つ認定を取得して、キャリアアップを目指しましょう。

開発者とアーキテクト

Splunk Observability Cloudのツールセットを使用して、アプリケーションとインフラを最適化できます。

オブザーバビリティ担当者

Splunk O11y Cloud Certified Metrics Userを取得して、DevOps担当者やSREとしてのキャリアアップやスキルアップを図れます。

試験

Splunk O11y Cloud Certified Metrics Userを取得する

試験の詳細:

  • レベル:基礎
  • 前提条件:なし
  • 試験時間:120分*
  • 形式:多肢選択問題100問*
  • 価格:ベータテスト中は無料* (その後は1回130米ドル)
  • 実施方法:テストパートナーであるピアソンVUE社が提供

*2023年1月~春頃までのベータテスト期間終了後、変更される可能性があります。

準備:

関連トレーニングと認定

新しい目標を設定する

他のSplunkトレーニングと認定に挑戦して、自身の価値を向上させましょう。学習機会を増やせば、これからの可能性が広がります。

ソーシャル

最新のSplunkトレーニングと認定コンテンツにアクセス

"" ""

LinkedInでSplunkとつながる

Splunkをフォロー
"" ""

ニュースレターで情報を得る

今すぐサブスクライブ

はじめましょう

Splunk O11y Cloud Certified Metrics User試験に挑戦しましょう。