分析主導型セキュリティでビジネスを保護

データの時代を迎え、投資を最大限に活用して、ビジネスリスクを最小限に抑えることを目指す企業にとって、データを活用してインサイトを取得することが極めて重要になっています。Data-to-Everythingプラットフォームを提供するSplunk Inc.とNTT Ltd.はこのたびパートナーシップを結びました。これは、NTTが推進するセキュリティバイデザインの取り組み、そして同社が所有するネットワーク、データセンター、クラウド、作業環境、CX、およびビジネスソリューションに関する深い専門知識をSplunkの能力と連携させて、インテリジェンス主導のソリューションを顧客に提供するためです。このパートナーシップによって次のことが可能になります。

  • セキュリティギャップを検出し、セキュリティをデジタルプログラムに追加するのではなく最初から組み込むことで、労力、時間、コストを節約できます。
  • デジタルビジネス全体でリアルタイムの実用的なインサイトを活用して積極的な変化を起こし、ビジネスを成長させることができます。
  • 優先度の高い問題、インシデント、イベントを把握、特定して修復し、セキュリティ体制を臨機応変に調整してリスクを最小限に抑えることができます。
  • 既存のテクノロジーへの投資と社内のリソースを最大限に活用できます。
  • ガバナンスやコンプライアンス要件に従い、順守状態を証明できます。

サービスとしてのセキュリティオペレーションセンター

サービスとしてのセキュリティオペレーションセンター(SOCaaS)では、最高レベルの製品、実績のあるプロセス、高いスキルを持つスタッフを連携させて、ネットワークの可視性を高め、アラートの対応と解決にかかる時間を短縮し、リスクモデリングとリスクの軽減をプロアクティブに実現できます。

  • ログ監視と高度なネットワークフォレンジックをリアルタイムのビジネスデータと組み合わせて、現在の脆弱性と将来の脅威に関するインテリジェンスを生成します。
  • 社内外の脅威の状況を明確に理解したうえで、組織のリスクモデリングと管理機能を強化します。

優れた功績を残しグローバルで認定されたパートナーシップ

ntt background ntt background

NTT

NTTは、セキュリティインシデントとイベント管理用ビッグデータプラットフォームに対する顧客の投資の最適化をはじめとする、セキュリティサービスポートフォリオの拡充を進めています。そのような中でSplunkは重要なパートナーとなっています。Splunkの最新テクノロジーとの緊密な連携に加え、NTTのSOCアナリストが高度な脅威検出および対応能力を発揮することで、NTTの「サービスとしてのセキュリティオペレーションセンター(サービスとしてのSOC)」は市場を牽引しています。当社の顧客は、ハイブリッド環境で従業員がさまざまな場所に分散する新しい日常に舵を切っており、インフラ、アプリケーション、運用テクノロジー、サプライチェーンに対する絶えず変化する脅威への対応を必要としています。そのような状況下で顧客は、セキュリティを最初から組み込むセキュリティバイデザインのアプローチに対応できるパートナーを求めています。NTTは、このようなニーズに対応するために、Splunkとのパートナーシップを引き続き発展させていきたいと考えています。

与沢和紀氏 NTT Ltd.セキュリティ部門CEO

Splunkでできること