プレスリリース

Splunk、ハイブリッドクラウド環境向けのセキュリティおよびオブザーバビリティソリューションを提供

Splunk最高レベルのプラットフォームが強化され、エンドツーエンドの可視化、アクションまでの時間短縮、拡張性の向上を実現

サンフランシスコおよびラスベガスで開催中の.conf22 – 2022年6月15日 - セキュリティ/オブザーバビリティデータプラットフォームのリーダーであるSplunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は本日、次世代のSplunkプラットフォームを発表しました。Splunk Cloud Platformと一般提供が開始されたSplunk Enterprise 9.0では、新機能の追加や機能の拡張により、ハイブリッドクラウド環境で完全忠実なデータに基づくビジネスの意思決定、データインサイトに基づく迅速なアクション、組織により適したインサイトの活用が可能になりました。

Splunkは、毎年恒例のユーザーカンファレンスである.conf22で、Splunk Cloud PlatformとSplunk Enterprise 9.0の新機能と機能拡張を紹介しました。この新機能と機能拡張により、データソースへのアクセスがより簡単になり、インサイトの取得と活用をさらに迅速に行えるだけでなく、導入環境のセキュリティと拡張性が向上し、管理を効率化することができます。具体的な内容は以下のとおりです。

エンドツーエンドの可視化:データアクセスの拡張とストレージの最適化により、お客様の選択肢が増え、より詳細な制御が可能になり、運用コストを削減

  • Data Manager for Splunk Cloud Platform:アマゾン ウェブ サービス(AWS)とMicrosoft Azureに加えて、今夏からはGoogle Cloud Platformもサポート対象になり、データオンボーディングエクスペリエンスがさらに拡張します。ハイブリッドクラウド環境でも数分以内にSplunkへのデータの取り込みを設定でき、管理しやすいコントロールプレーンを構築できます。
  • Ingest Actions:Splunkプラットフォーム内で取り込み中のデータ、または外部のAWS S3ストレージへ移動中のデータに対してフィルタリング、マスキング、ルーティングを行って詳細に制御し、データを適切な場所に適切な形式で適時に取り込むことで、データに基づいたアクションを実行できます。
  • Splunk Enterprise 9.0:これまでAWSとGoogle Cloud Platformでサポートされていたコスト削減効果の高いコールドストレージの構成が、Microsoft Azureでも利用できるようになりました。SmartStore for Azureを使用すれば、自己管理型のSplunk Enterprise環境で運用コストを最大70%削減できます。

アクションまでの時間短縮:詳細な調査と最適化された管理エクスペリエンスにより、ビジネスを中断することなく障害やサイバー攻撃に対応

  • 統合サーチの拡張:ハイブリッドクラウド環境での調査とサーチが強化され、また、シンプルになりました。Splunkプラットフォームのユーザーと管理者は、統合された単一のインターフェイスでSplunkエコシステム全体のデータにアクセスし、実用的なインサイトをすばやく取得できます。
  • Splunk Assist:Splunk Enterprise 9.0に含まれるこの新しいフルマネージドクラウドサービスでは、お客様のセキュリティ環境に関する詳細なインサイトを提供し、クラウド環境に関するインサイトに基づいて、充実した管理エクスペリエンスを提供します。

拡張性の向上:Splunkプラットフォーム全体の強化によりアプリケーションの作成とカスタマイズ方法が増え、データインサイトからより多くのビジネス価値を創出

  • Splunkbaseエクスペリエンスの進化:特定の用途に応じた2,500以上のAppとインテグレーションをSplunkポートフォリオに追加することで、Splunkの能力を簡単に拡張し、さまざまなデータ活用ユースケースを実現できます。2,400社以上のパートナーを擁するSplunkのパートナーエコシステムにサードパーティのデータソースを統合すれば、データを行動に変えるのに役立つアプリケーションを見つけて導入、管理できます。
  • Splunk Cloud Developer Edition:Splunk Cloud PlatformのためのアプリケーションをSplunk Cloud Platform上で簡単に開発、テストして、組織全体の価値をより短期間で実現できます(現在はプレビュー版)。

様々な企業がSplunkを支持

Papa John's International (Papa Johns)社でエンタープライズアーキテクチャ/テクノロジーサービス担当VPを務めるSarika Attal氏は次のように述べています。「Splunkのおかげで、テクノロジーチームだけでなく全従業員があらゆるデータにアクセスして、これまで把握していなかったビジネス領域を可視化できるようになりました。今日では、Splunkのプラットフォームソリューションのおかげでeコマースと実店舗の両方の運用状況を完全に可視化することができ、店舗でもモバイルデバイスでも、さらにサードパーティのアグリゲーターやオンラインコールセンターのPapacallでも、お客様に最高レベルのサービスを提供できます」

IDC社のアナリストであるArchana Venkatraman氏は次のように述べています。「インフラの複雑化と攻撃対象の拡大が進み、従来のアプローチでは運用のレジリエンスとリスク管理の点で完全に後れを取ってしまいます。今日、組織がデジタル環境の一貫性、パフォーマンス、レジリエンスを維持するには、状況をリアルタイムかつエンドツーエンドで可視化すると同時に、実用的なインサイトをすばやく取得する必要があります。今後は、フルスタックのオブザーバビリティを実現し、自動修復機能を提供するとともに、デジタル環境内の新しいソースに対応できる拡張性を備えたインテリジェントなデータプラットフォームを導入する組織が増えるでしょう。エンドツーエンドの可視化、柔軟性、拡張性なしには、最新のクラウド運用戦略は実践できません」

Splunkの最高プロダクト責任者であるGarth Fortは次のように述べています。「先進的な組織は、テクノロジー環境の複雑さを克服してイノベーションを推進し、セキュリティとビジネスレジリエンスを強化するために、ビジネスプロセス全体をフルスタックで統合することを目指しています。Splunkプラットフォームの最新のイノベーションなら、マルチクラウドやハイブリッドの環境を複雑さに対応し、ノイズからシグナルをすばやく特定して、データインサイトをビジネス成果につなげることができます」

Splunkプラットフォームについて詳しくは、SplunkのWebサイトをご覧ください。

Splunk Inc.について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK)は、世界中の組織がデータを行動につなげることを支援します。Splunkのテクノロジーは、データをあらゆる規模で調査、監視、分析、活用することを目的に設計されています。

© 2022 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。Splunk, Splunk>, Data-to-EverythingおよびTurn Data Into Doingは、米国およびその他の国におけるSplunk Inc.の商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk Services Japan合同会社 広報
press@splunk.com