ユースケース

サーバーレス監視

ユーザーに影響が及ぶ前に問題を検出して修復。サーバーレスアプリケーションのリアルタイムのパフォーマンスがわかりやすく表示される詳細画面で、状況を監視して問題をすばやく解決。さらに、カスタムメトリクスを収集してサーバーレス関数のパフォーマンスデータを追跡し、ビジネスKPIと相関付けることも可能。

クラウドベースのサーバーレス監視の概要 クラウドベースのサーバーレス監視の概要

Splunkが"Lambda Ready"に:AWSとの新しいパートナーシップを発表

包括的なサーバーレス監視でシームレスなユーザーエクスペリエンスを実現

関数のパフォーマンスを最適化 関数のパフォーマンスを最適化

関数のパフォーマンスを最適化

サーバーレス関数実行の待機時間を増やす「コールドスタート」を監視

コストへの影響を把握 コストへの影響を把握

コストへの影響を把握

関数の実行時間とリソース消費を正確に把握して、サーバーレス実行によるコストを最適化

ビジネスインサイトを促進 ビジネスインサイトを促進

ビジネスインサイトを促進

関数のパフォーマンスに対するオーバーヘッドを最小限に抑えながら、重要なビジネスメトリクスとKPIを追跡

customer background customer background

お客様事例

Acquia社、リアルタイムの問題解決でカスタマーエクスペリエンスを劇的に改善

Splunk Infrastructure Monitoringはまさに数秒で数十ものグラフを描画してくれます。私たちのチームではそのデータを信頼し、お客様と画面を共有して同じ視点で会話することができます。

Aaron "Checo" Pacheco氏 プロダクトデリバリーインフラストラクチャマネージャー
製品機能

サーバーレスのパフォーマンスをリアルタイムで把握して最適化

一目でわかる整理された表示

事前に構築された表示機能によって、すべてのサーバーレス関数の重要なパフォーマンスメトリクスをまとめて表示できます。検索、フィルタリング、ソートをすばやく行い、エラーのある関数や遅延の大きな関数、またはコールドスタートが行われた関数にドリルダウンできます。また、使用状況、場所、アカウント、ランタイム、リソースなどに基づいて、関数にタグを付けたりグループ化したりすることもできます。

一目でわかる整理された表示 一目でわかる整理された表示
サーバーレスのハイブリッド環境全体でエンドツーエンドのトレーシングを実行

サーバーレス関数、コンテナ化されたアプリケーション、またはVMベースのアプリケーションに分散したマイクロサービスを包括的に可視化できます。自動構築されるサービスマップでは、アップストリームとダウンストリームの依存関係を把握できます。さらに、サーバーレス関数からデータベースやAPIを呼び出す際の遅延を監視することもできます。

エンドツーエンドのトレーシング エンドツーエンドのトレーシング
すべてのランタイムのすべての関数の監視とアラート生成をリアルタイムで実行

Splunkの関数ラッパーを使用すれば、最大1秒の解像度でパフォーマンスメトリクスを取り込むことができます。関数ラッパーは、Java、Golang、Python、Ruby、C#、Nodeといった主要なランタイムで使用できます。さらに、カスタムメトリクスをシームレスに収集して、ビジネスデータやKPIを分析したり、パフォーマンス異常に関するアラートを数秒以内に受け取ったりすることもできます。

リアルタイムの監視とアラート リアルタイムの監視とアラート
詳細なインサイトでパフォーマンスとコストを最適化

コールドスタート、同時実行、スロットル、スピルオーバーについての詳細なインサイトを取得し、十分にプロビジョニングされていない関数を管理できます。メモリー、継続時間、タイムアウト、プロビジョニングされた同時実行メトリクスに関するアラートを作成すれば、優れたカスタマーエクスペリエンスを提供できます。

サーバーレス監視のドリルダウン サーバーレス監視のドリルダウン
mosaic item 1

ブログ

コードの依存関係をAWS Lambda Layersと共有する

ブログを読む(英語)
mosaic item 2

ブログ

Splunkが"Lambda Ready"に:AWSとの新しいパートナーシップを発表

発表を見る
mosaic item 3

ブログ

SplunkとGoogle Cloudのパートナーシップによってデータから実用的なインサイトを取得

ブログを読む