Webセミナー

コールセンターソリューション

コールセンターの新たな2つの課題 - リアルタイムの可視化で品質アップ!

a

コール時間とコネクション状況の相関可視化ダッシュボード

さまざまな業界において、よりよいカスタマーエクスペリエンスのためにもコールセンターの運営はとても重要です。人材の育成や顧客への対応品質維持など、もともと課題の多いコールセンターの運営に、テレワーク導入により新たな課題が出てきています。在宅時間が増えたことによる電話問い合わせの増加を実感している企業も多いのではないでしょうか。

本Webセミナーでは、Splunk Remote Contact Center Analyticsを使って、複数のダッシュボードを使った可視化をデモンストレーションを交えてご紹介いたします。コンタクトセンターをリモート環境へシフトすることによるオペレーターの管理、システムやアプリケーションの稼働の把握など、コールセンタープラットフォームからのログ収集と分析に基づいたリアルタイムでの可視化の方法をご覧いただけます。

 

スピーカー

豊留直樹 | セールスエンジニア Splunk Services Japan合同会社

コールセンターのユースケース

  • エージェントの生産性とパフォーマンスのモニタリング
  • リモートシステムの問題点を特定する
  • 保存・記録された機密性の高い個人情報の保護
  • PCI-DSS, HIPAA, FedRampの遵守
  • 解約予測と防止のための顧客とのやり取り追跡

Webセミナーを見る

次へ

a