ユースケース

サイバーセキュリティインシデント対応管理

調査サイクルを短縮し、優先度の高い脅威への適切な優先順位付けを徹底して、確認と対応を強化。

セキュリティインシデント対応

侵害を速やかに検出

DevOpsアプローチの導入 DevOpsアプローチの導入

アダプティブレスポンス

自動化されたワークフローを開始するアダプティブレスポンスフレームワークで適切な対応を迅速に実行

幅広いプラットフォームのサポート 幅広いプラットフォームのサポート

単一の情報源の構築

単一のプラットフォームで重要なセキュリティインテリジェンスをチーム間で共有

価値の早期実現 価値の早期実現

適切な対応

セキュリティエコシステム全体で優先度の高い脅威を判断して対策を実行

インシデント対応・管理でSplunkが選ばれる理由

Splunkでは、環境内の脅威をすばやく分析してトリアージと修復作業を最適化することで、検出とインシデント対応にかかる時間を短縮できます。脅威の兆候が見られたときは特にスピードが重要です。適切なツールを使用しなければ、関連データの収集と分析から脅威の検証と修復までに、数日から数週間かかります。

Splunkのアダプティブレスポンスにより、ワークフローを自動化して対応サイクルを短縮できます。アナリストは、アラートの選別ではなく、修復と脅威の捕獲に集中できます。Phantomを使用すれば、タスクを自動化し、ワークフローをオーケストレーションするとともに、イベントやケースの管理、コラボレーション、レポートなどの幅広いSOC機能をサポートできます。

今日の複雑なIT環境では、対応の迅速化が課題です。Splunkでは、検出時間を短縮するだけでなく、脅威の優先順位を適切に判断して優先度の高いものから対応できます。

customer background customer background

お客様事例

初動対応も含めた説明責任を果たすための重要な基盤に

リアルタイムな検知を可能にするMSS/SOCとEDRとの連携もSplunkならでは。ランナーが一緒にトレーナーと手を携えてゴールを目指す、つまりは強力なツールをSplunkが支えながら、企業に大きな効果を与えてくれる存在です。

谷本 重和氏 株式会社アシックス IT統括部 グローバル基盤チーム
製品機能

すばやい検出と行動で潜在的な脅威にもプロアクティブに対応

すばやく対応

テクノロジースタック全体から得られるデータを活用して、優先度の高い脅威を判断し、適切な対策を実行できます。

インシデント対応と対策

目で見て確信を得る

しきい値、アラーム、インジケーター、トレンドのグラフ表示機能など、視覚的な分析機能で調査サイクルを短縮します。

目で見て確信を得る

調査によって運用を妨げない

アドホック検索と、静的、動的、視覚的な相関付けによって迅速に調査を行い、セキュリティ運用を効率化できます。

調査によって運用を妨げない
Splunkbase

Splunk Enterprise Security Content Update

Splunkbaseでは、Splunk、Splunkパートナー、Splunkコミュニティが提供する数百種類のAppとアドオンを入手できます。これらを活用することで、Splunkプラットフォームの能力をさらに強化し拡張できます。

Splunk ES Content Updateは、Splunk Enterprise Securityで使用するサブスクリプションサービスです。Splunkのセキュリティ調査チームの深い知識に基づく追加コンテンツを利用して、変化の激しい脅威の最新状況にすばやく対応できます。最新コンテンツが定期的に提供されるため、セキュリティ担当者のスキルレベルに関係なく、サイバー脅威の最新の動向を常に把握し、適切な対策を早期に講じることができます。

金融サービス 金融サービス
金融サービス

金融インシデントにも迅速に対応

詳細はこちら
医療 医療
医療

セキュリティインシデントが拡大する前に診断して対処

詳細はこちら
公共機関 公共機関
公共機関

公然になる前に重要なインシデントを発見

詳細はこちら
分析主導SOC (セキュリティオペレーションセンター)の5つの機能

ホワイトペーパー

分析主導SOC (セキュリティオペレーションセンター)の5つの機能

分析主導型SOCの5つの機能とは
mosaic item 2

電子書籍

マシンデータを活用してセキュリティを強化した3社

セキュリティデータエッセンシャルガイド
Splunkを使った超速インシデントレスポンス

ウェビナー

Splunkを使った超速インシデントレスポンス

超速インシデントレスポンスとは