false
Global nav V2 patch, remove after adding the mobile languages fix in the codebase (S7 or S8)

Splunk、.conf2017 で発表の新ソリューションで、機械学習の新たなメインストリームを作る

Splunk Enterprise 7.0、Splunk ITSI 3.0、Splunk UBA 4.0、および Splunk Cloud によって データから”アンサー”を導き出す

サンフランシスコ、ワシントン 開催 .conf2017 – 2017 年 9 月 26 日 – Splunk Inc.. (NASDAQ:SPLK) マシンデータからの「ひらめき」や「気づき」を提供する Splunk, Inc. は本日、Splunk® Enterprise 7.0、Splunk IT Service Intelligence (ITSI) 3.0、Splunk User Behavior Analytics (UBA) 4.0 および Splunk Cloud サービスのアップデートを発表しました。また、Splunk は、分析と機械学習を利用した、不正行為やクラウド監視のユースケースのための最新ソリューションを導入しました。これは第 8 回 Splunk .conf2017カンファレンスにて発表されました。

「機械学習は、お客様の成功と Splunk の進化にとって不可欠なものです。弊社のシームレスに統合された機能は、機械学習をすべての人に開放し、お客様が将来の成果をより正確に予測し、データを効果的に分析できるように支援します」と Splunk のプロダクト担当役員 Richard Campione は述べています。「データは戦略的アドバンテージであり、お客様はデータからアンサーを導き出すための最も迅速で効率的な方法を探しています。誰もが利用できる機械学習と指標の進歩によって、Splunk Enterprise 7.0 と Splunk Cloud はこれまで以上に迅速かつ簡単に、そしてパワフルに、必要な答えを導き出します。

Splunk Enterprise 7.0 および Splunk Cloud は、データの監視、調査、インテリジェンスの向上を支援し、パフォーマンスと規模の大幅な改善を実現します。指標のサポートによって監視と警告が少なくとも 20 倍高速化され、コア検索技術の最適化によって 3 倍の高速化が実現しました。これらの強化により、お客様は Splunk プラットフォーム上で、強力で拡張性の高いアルゴリズムに裏付けられ、統合された機械学習ツールとコマンドを使用して、将来の IT、セキュリティおよびビジネス成果を予測することができます。ユーザーはこれらの機械学習の進歩によって得られたデータインサイトを収集、準備、変換、探索、視覚化、公開することができます。

Gartner によると、「人工知能 (AI) と高度な機械学習は、ビジネス、そして産業全体にも変革をもたらしうる新しい技術として頻繁に話題にされている」ということです。「それらは、人件費を大幅に削減し、予想外の新しいインサイトを生み出し、新しいパターンを発見し、生データから予測モデルを作成することができる」1

「Staples 社は、Splunk Enterprise を使用して、受注管理、請求書作成、倉庫管理などの重要なビジネス取引をリアルタイムで分析し、最終的にはカスタマーエクスペリエンスを向上させ、オンライン競合他社のトップに立つくことを目標としています」と Staples 社の最高技術責任者 Faisal Masud は述べています。Splunk の分析と指標は、イレギュラーな取引を迅速に見つけ出して修正するなど、当社が行っている業務のすべてを最適化するのに役立っています。こうして、お客様は可能な限り最良のサービスを受けることができるようになるのです。Splunk Enterprise プラットフォームは、当社の事業運営基盤に不可欠な存在です」

Splunk は、既存のプレミアム パッケージ ソリューションのための新しい高度な機械学習機能についても発表いたしました。

  • Splunk ITSI 3.0:最新バージョンの Splunk ITSI はイベント監視に革命をもたらします。サービスコンテキストと機械学習を組み合わせ、既存の問題と潜在的な問題を特定し、ビジネスに不可欠なサービスの修復に優先順位を付け、分析主導の IT 運用を提供します。ITSI 3.0 は、従属データを含むサービスコンテキストをイベントに適用し、機械学習を使用して不要な警告を削減し、最も重要な情報のみを表示します。
  • Splunk UBA 4.0:新しいバージョンの Splunk UBA を使用することにより、お客様は、Splunk の新しいソフトウェア開発キット (SDK) を利用して独自の機械学習モデルを作成してロードし、カスタム異常や脅威を検知することができます。初めて導入されたこの種の機能によって、UBA は世界に広まり、ユーザーは、インサイダー攻撃を検出したり、異常行動と高忠実度の脅威を自動で関連付けたりすることがより容易に行えるようになります。
  • Machine Learning Toolkit:お客様に無料で提供される Splunk Machine Learning Toolkit (MLTK) は、誰もが将来の IT、セキュリティ、およびビジネス成果の予測ができる、データ サイエンス アプリケーションです。最近の更新には、直感的なユーザーインターフェースを介してユーザー権限を統合する機械学習モデル管理が含まれています。さらに、MLTK には、オープンソースおよび独自アルゴリズム用のパブリック機械学習 API、および、機械学習モデル構築を開始する前にお客様がお持ちのデータを準備し、クリーニングするためのデータ準備モジュールが含まれています。

Splunk は、プレミアム パッケージ ソリューションに対する需要の増加に伴い、セキュリティおよび IT 業務における、個々のお客様のセキュリティニーズに取り組むべく、最新のソリューションを発表しています。

  • Splunk ES Content Update:ヒューマンインテリジェンスとマシンデータを近づける Splunk Enterprise Security(ES) Content Updates は、事前にパッケージ化されたセキュリティコンテンツを Splunk ES のお客様に提供する新しい契約サービスです。Splunk ES Content Updates では、定期的にセキュリティ担当者にダイナミックな新しいコンテンツを配信しており、特定の脅威を検出したり、セキュリティチームが脅威を調査したり、意思決定プロセスを管理して対応を選択しやすくしたりするのに役立ちます。
  • Security Essentials for Fraud Detection:Splunk Security Essentials for Fraud Detection は、Splunk を利用して、医療、ペイメントカード、取引詐欺などさまざまな種類の詐欺を特定し調査する方法をお客様にガイドする無料の Splunk アプリです。Splunk MLTK やさまざまな Splunk データ分析機能を使用する Splunk Security Essentials for Fraud Detection は、お客様が自らの環境で不正のユースケースをより簡単に理解し、適用できるようにします。
  • Splunk Insights for AWS Cloud Monitoring:Amazon マーケットプレイス内にも Amazon Machine Image (AMI) として提供されている Splunk Insight for AWS Cloud Monitoring は、クラウド監視に対する分析に基づいたアプローチを実現します。本ソリューションは、Amazon Web Services(AWS) のパフォーマンス、セキュリティ、運用、コスト管理に関するインサイトをリアルタイムで認識し、提供します。
  • Splunk Insights for Ransomware:Splunk Insights for Ransomware はユーザー単位の価格で提供されるソリ ューションで、潜在的なランサムウェアの脅威の積極的な評価を行い、迅速に調査できるよう、リアルタイムのインサイトをお客様に提供します。
  • Booz Allen Hamilton Cyber4Sight for Splunk:Cyber4Sight for Splunk が一般的に利用できるようになったもので、セキュリティアナリストや脅威の追跡作業者向けに、実用的な脅威情報を提供するソリューションです。この新しいアプリは、Booz Allenの脅威情報サービスのサイバーインサイトとセキュリティインテリジェンス、そして Splunk ES の分析主導のセキュリティインサイトを組み合わせたものです。

Splunk はまた、.conf2017 において、今後登場する 2 つの新しいテクノロジーも紹介いたします。

  • Splunk Project Waitomo:ログと指標を統合し、警告、傾向の把握および調査を行うための統合された機械学習を提供できる、新しいインフラストラクチャー監視ソリューションです。
  • Splunk Project Nova:開発者および DevOps の担当者を対象として提供される API ベースのロギングサービスソリューションです。

Splunk Enterprise 7.0 は現在利用可能です。Splunk ITSI 3.0 および UBA 4.0 は来月より利用可能です。Splunk Cloud の新バージョンは、2018 年 1 月までに利用可能になります。詳細については、Splunk Web サイト上の Splunk Enterprise ページをご覧ください。

 

1Gartner、2017 年 の戦略的テクノロジー トレンドのトップ 10人工知能と高度な機械学習、Mike J. Walker、Alexander Linden、David W. Cearley、2017 年 3 月 15 日。

Splunk Inc.について

Splunk Inc. (NASDAQ:SPLK) は、機械学習によってデータから答えを導き出します。お客様は、市場をリードする Splunk の機械学習ソリューションを利用し、IT や IoT(モノのインターネット)、セキュリティ上の難問を解決しています。何百万というユーザーが積極的に利用している Splunk で、「ひらめき」や「気づき」を見つけてみませんか。http://www.splunk.com/ja_jp

Splunk、Splunk>、Listen to Your Data、マシンデータ向けのエンジン「the Engine for Machine Data」、Splunk Cloud、Splunk Light および SPL は、Splunk Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。© 2017 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。

詳細については、お問い合わせください。

営業担当 メディア交渉担当 投資交渉担当

Splunk Services Japan
03.6206.3730
splunkjp@splunk.com

Jacinda Mein
Splunk Inc.
415.266.3990
jacinda@splunk.com

Ken Tinsley
Splunk Inc.
415.848.8476
ktinsley@splunk.com