false
Lucid Search Bar Implementation
global header v2 patches for non-English locales
Global nav V2 patch, remove after adding the mobile languages fix in the codebase (S7 or S8)
transitional logo header/footer patch
Push Down Banner V1 Analytics Patch (3/18/24), remove it if not using v1
プレスリリース

Splunkによる2024年の予測:AIイノベーションとデジタルレジリエンスの融合

3つのレポートを発表、AIと規制が注目を集める

東京-2024年1月17日-サイバーセキュリティ/オブザーバビリティのリーダーであるSplunkは本日、人工知能(AI)が今後1年でどのようにビジネスレジリエンスの形成に活用できるかを考察した『2024年の予測レポート』を発表しました。Splunkが毎年発行している本レポートは、企業が新たなAI時代に備えるために知っておくべきトレンドを「エグゼクティブ」「セキュリティ」「オブザーバビリティ」の3つの観点から記しています。

2024年の予測では、Splunkのシニアリーダーやテクノロジーエキスパートが、今後のテクノロジーの展望について洞察しています。

エグゼクティブが知っておくべきこと

  • AIは効率と生産性を短期間で着実に向上させるがそのレベルに達するまでには時間がかかる。
    初期段階ではあるが、AIに関する知識やスキルを今のうちに磨いておくことは重要です。
  • 世界中の政府が障害対応に関する規制を強化し、レジリエンスの構築が不可欠になる。
    新たな脅威が次々に登場し、デジタルシステムの障害が社会経済に大きな影響を及ぼすようになる中で、規制当局は、企業がどのように有害事象に備え、その発生時に事業を継続すべきかを定めた、強力なコンプライアンスフレームワークと厳しいガバナンスを制定し始めています。 
  • AIの爆発的な普及を受けて、データプライバシー規制の導入が加速する。
    データプライバシー規制の導入が進むと、多くの企業が一部の市場でサービスを提供できなくなる(あるいは提供しないという選択をする)かもしれません。「世界中の政府は、業界がデータプライバシー規制に関する義務を果たすよう、より積極的に動き始めています。」とアジアパシフィック地域担当SVP兼ゼネラルマネー ジャーであるSimon Daviesは述べています。 

セキュリティエキスパートが知っておくべきこと

  • AIがセキュリティ業務を肩代わりするようになり、スキル不足や人材不足を補う。
    AIは、人間にとって代わるのではなく、繰り返しが多く手間がかかるだけで生産性がないと人間が感じる作業を引き受けてくれる優秀なアシスタントのような存在になるでしょう。 
  • 誰でも犯罪者に:脅威はさらに分散されて「民主化」される。
    2024年には新しいタイプの攻撃が登場すると予想されます。新しいタイプの攻撃を生み出したり攻撃対象の業界を広げたりするために使われるのは、AIだけではありません。5Gもまた、想定外の方法で使用されて攻撃対象を拡大し、サイバー犯罪者の攻撃機会を増やす可能性があります。
  • ランサムウェアのポートフォリオが多様化する。
    2024年にランサムウェアがこれ以上過激化することはない、と断定はできませんが、攻撃者は独創的な新しい方法を生み出して手口や標的を多様化させ、ゼロデイ脆弱性を悪用するケースが増えるでしょう。 
  • レジリエンスの強化にはコラボレーションと統合が鍵となる。
    Splunkの『セキュリティ調査レポート2023』によると、サイバーセキュリティインシデントが原因でビジネスクリティカルなアプリケーションが月に1~2回ダウンしていると回答した組織は62%にのぼりました(前年の54%から増加)。この傾向は2024年も続くでしょう。 

オブザーバビリティエキスパートが知っておくべきこと

  • ツールの統合が必須になる
    監視ツールを1つのオブザーバビリティシステムに統合すれば、エンジニアやシステム管理者は冗長な仕事から解放されて本業に専念できます。OpenTelemetryの人気が急上昇して、主役の座につく可能性が高まります。 
  • CIOとCTOは、アーキテクチャやインフラ関連の支出を抑え、予算を慎重に配分して大規模な変革に備える
    CIOとCTOは今後、少ない予算で多くのことを達成しなければならないというプレッシャーにさらされるはずです。
  • 2024年にはエッジが人々の大きな期待に応える
    まずは一般向けの用途が拡大し、その後すぐに、特にリテール(小売)、金融、メディアなどの業界で、エッジがIT開発チームとセキュリティチームの注目のトピックになると考えられます。

Splunkによる2024年の各予測レポートは、以下のWebサイトからダウンロードできます。
https://www.splunk.com/ja_jp/campaigns/future-predictions.html 

Splunk Inc.について

シスコの一員であるSplunkが目指すのは、より安全でレジリエントなデジタル世界を作ることです。Splunkのソリューションを導入すれば、セキュリティ、インフラ、アプリケーションの問題が大規模なインシデントに発展する前に防止して、影響を最小限に抑え、デジタルトランスフォーメーションを加速できるため、Splunkは多くの組織から信頼されています。


© 2024 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。SplunkとSplunk>は、Splunk Inc.の米国およびその他の国における商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。

本件に関するお問い合わせ先

Splunk広報事務局 (共同ピーアール内)
担当:西田、國時、上段(じょうだん)
Tel:070-4303-7271(西田) Fax:050-3737-6661
E-mail:splunk-pr@kyodo-pr.co.jp