false
Global nav V2 patch, remove after adding the mobile languages fix in the codebase (S7 or S8)

Splunk Enterprise 6.2を発表

パワフルなSplunk分析をより幅広いユーザーに広げ、拡張性も向上

リアルタイムの運用インテリジェンス・ソフトウェア・プラットフォームのリーディングプロバイダーであるSplunk Inc.(NASDAQ: SPLK、本社:米国カリフォルニア州サンフランシスコ、以下Splunk)は、本日、受賞歴のあるマシンデータ用の最新プラットフォームSplunk ® Enterprise 6.2を発表しました。Splunk Enterprise 6.2はシンプルになった分析、より多くのユーザーがIT全般やビジネスにおいて ユーザーのデータに相互関係を見つけ、より高度な分析を行うことができるパワフルパターンの検出を提供します。また、同時サーチ能力の拡張や、共有ストレージ要件の排除により、所有者のコストを削減します。Splunk Enterprise 6.2は社内やクラウドもしくはハイブリッド展開用のソフトウェアとして、また Splunk Cloudを通じて提供される クラウドサービスとして、10月28日に一般提供開始します。 Splunk Online Sandbox に登録することで、クラウドのプライベートワークスペースを入手できます。

Splunkの製品担当上席副社長であるグイド・シュローダーは次のように述べています。 Splunk Enterprise 6.2は、あまりソフトウェアや技術に詳しくないユーザー向けにマシンデータ内の貴重なパターンの自動発見機能を強化することで、より簡単で直感的な分析を提供します。これは、様々な組織にわたり作成、使用する事ができるパワフルで簡単な分析で、より有用なITおよびビジネスに関する洞察の提供に焦点を置いた、Splunkの最新技術です。拡張性の改善、共用ストレージ要件の排除、新しい分散マネージメントコンソールにより、Splunk Enterprise 6.2は、オペレーショナルインテリジェンスを取り入れるためにSplunkを利用している多くの組織に対して、高度な効率化を促進します。

Splunk Enterprise 6.2の主要な機能には以下のものが含まれます:

データ オンボーディングと作成の簡略化

  • 新しい直感的なウィザードは、どのようなマシンデータでも簡単に提供することができます。新しいインターフェイスはダウンストリーム分析のプレビューイング、オンボーディング、およびマシンデータ作成でユーザーを通して指導していきます。
  • 高度なフィールドエクストラクターは迅速な分析のためマシンデータ内の簡易特定、名前付けやタグ付けを提供します。

すべての人のための、よりパワフルになった分析

  • インスタントピボットは、誰もがどんなサーチからでも直接ピボットする事ができ、Splunk Search Processing Languageの知識がなくても、パワフルな分析や迅速なダッシュボードの作成ができます。
  • 強化されたイベントパターン発見機能は 、マシンデータに内在する意味のあるパターンを自動的に発見することで分析を迅速に行います。
  • 事前に作成されたパネルは作成、パッケージ、また再利用できるダッシュボードビルディングブロックの共有により、ダッシュボード作成を早めることができます。

Simplified Management at Scale

  • 進化したサーチヘッドクラスタリングは、同時ユーザーの定員数の増加や記憶容量量の共用を排除することなどにより所有者の総コストを削減します。検索結果の冗長性と複製も改善します。
  • 分散マネージメントコンソールでは、分散したSplunk Enterpriseデプロイメントの状態やパフォーマンスを一元的に監視する新しいインターフェイスを提供します。

IDCのEnterprise System Management Software、プログラム副社長であるティム・グリーサー氏は次のように述べています。

導入の複雑化やITインフラストラクチャー管理の強化が進む中、可視性を強化し洞察を拡大する分析プラットフォームの要求は増え続けています。専門職ではないユーザーのための分析作成機能と特性パターンの発見機能を備えた最新のSplunk Enterpriseは、これらの要求に焦点を当てた過去の成功から創り上げたものです。

Splunk Enterprise 6.2により、Splunkパワーユーザーだけでなく技術系ではない従業員を含むより多くのユーザーが分析を行うことで、既にSplunkプラットフォームで経験済みである投資収益が高まるだろう、と顧客は述べています。インスタントピボット、イベントパターン発見の強化、および改善された拡張性を含む新機能は、エンタープライズ全般にユーザーを広げる鍵となっています:

Intuitのデータアーキテクトであるアブダラ・モハメッド氏は次のように述べています。

Splunk Enterprise 6.2はITオペレーション、セキュリティー、コンプライアンス、ならびにビジネス分析の全世界のネットワーク全般のより深いオペレーショナルインテリジェンスレベルに達することができるブロックバスター機能を導入しています。Splunk Enterprise 6.2のサーチヘッド、マルチサイトクラスタリング、およびインスタントピボットは幅広い数のユーザーにマシンデータ分析ができるようになる機能を提供することができるようになります。

PostFinanceのシステムエンジニアであるマティアス・ハーゾグ氏は次のように述べています。

データ駆動型洞察は我々の顧客が期待している最高レベルのサービスを提供する上でとても重要であり、Splunk Enterprise 6.2の新機能はこれらの洞察をより早く簡単に提供することができるようになります。改善されたイベントパターン発見機能は、技術者ではないユーザーでもデータ中に意味のあるパターンを簡単に見つけ出すことができ、 サーチヘッドクラスタリングに拡張していても、より多くのユーザーの手にゆだねることでSplunk Enterpriseへの投資利益を得ることができます。

Splunk Enterprise 6.2は10月28日、火曜日、太平洋時間午前5時より下記のリンクよりダウンロードが可能です: http://www.splunk.com/download.

Splunk Inc. について

Splunk® Inc.(NASDAQ: SPLK)は、リアルタイムのオペレーショナルインテリジェンス・ソフトウェア・プラットフォームを提供します。Splunk®のソフトウェアとクラウドサービスは、ウェブサイト、アプリケーション、サーバー、ネットワーク、センサー、モバイル機器から生成されるビッグデータを、検索・監視・分析・可視化することを可能にします。世界100カ国以上の国で7,900以上の企業、政府機関、大学、サービスプロバイダーがSplunkのソフトウェアを利用し、ビジネスや顧客の理解を深め、サービスや稼働率の向上、コスト削減、サイバーセキュリティリスクの軽減を実現しています。SplunkではSplunk® Enterprise、Splunk Cloud™、Hunk™、Splunk MINT Express™、プレミアム Splunk Appsを提供しています。
詳しくは、  http://www.splunk.com/companyをご覧ください。

Splunk、Splunk>、 Listen to Your Data、マシンデータ向けのエンジン「the Engine for Machine Data」、Hunk, Splunk Cloud、Splunk Storm、 SPL、 Splunk MINT Express および Splunk MINT Enterprise は、Splunk Inc.の米国および他の法域における登録商標です。その他すべてのブランド名、製品名、または商標は、それぞれの所有者に帰属します。Copyright © 2014 Splunk Inc.  無断複写・転載を禁じます。

本件に関する報道関係の方のお問合せ先

株式会社井之上パブリックリレーションズ Splunk PR担当:高野、尾上
Email: splunk@inoue-pr.com
TEL: 03.5269.2301 
FAX: 03.5269.2305