Splunkのトレーニング + 認定

Implementing Splunk SmartStore

Splunkのトレーニング + 認定に関する最新の資料(英語)はこちら

コースの説明

このコースは、経験豊富なSplunkシステム管理者を対象としています。この実習クラスでは、Splunk SmartStoreの導入と管理に必要な知識についてご説明します。  SmartStoreの導入オプション、キャッシュマネージャーの設定、監視、SmartStore導入環境のトラブルシューティングなどについて取り上げます。

インストラクター主導のトレーニングスケジュール

コースの前提条件

必要条件:
  • Splunk Enterprise System Administration
  • Splunk Enterprise Data Administration
強く推奨:
  • Troubleshooting Splunk Enterprise
  • 次に関する実務的な知識:Linux OSコマンド、viまたはnanoを使用したファイル編集、Splunkインデックスのライフサイクルおよびバケツ移行、Splunkインデクサークラスターの概念


コーストピック

  • SmartStoreの紹介
  • スタンドアロンのSmartStoreの実装
  • インデクサークラスター内のSmartStore
  • SmartStoreの監視と管理

コースの目的
 

モジュール1 – SmartStoreの紹介
  • SmartStoreのメリット
  • SmartStoreの要件と制限
  • SmartStoreでのインデックス化
  • SmartStoreでのサーチ
モジュール2 – スタンドアロンのSmartStoreの実装
  • SmartStoreインデックスの有効化
  • SmartStoreインデックスのブートストラップ
  • 実装の検証
モジュール3 – インデクサークラスター内のSmartStore
  • 各導入環境での実装の違い
  • インデクサークラスター内のSmartStore
  • インデクサークラスター内でのSmartStoreの移行
モジュール4 – SmartStoreの監視と管理
  • SmartStoreのアクティビティの監視
  • キャッシュマネージャーの設定
  • Eviction ポリシーの最適化