false
Global nav V2 patch, remove after adding the mobile languages fix in the codebase (S7 or S8)

Splunkが競合他社を上回る成長

継続的な製品イノベーションによりIT/セキュリティ市場におけるお客様の成功を牽引

サンフランシスコ-2018年8月30日 - Splunk Inc. (NASDAQ: SPLK)は本日、ITオペレーション分析(ITOA)、ITオペレーション管理(ITOM)、セキュリティ・脆弱性管理の各分野においてSplunkが継続的に成長していることを発表しました。

Splunkの社長兼CEO、ダグ・メリット(Doug Merritt)は、「私たちは現在、データ革命の草創期にあります。ビジネス変革(トランスフォーメーション)を積極的に推進しているSplunkのお客様は、最前線での大胆かつ華麗な挑戦を通じて、ミリ秒単位で収集されたデータを本格的に活用することに成功しています。今回のマーケットシェア・レポートは、事業の継続的な改善に向けたお客様の取り組みと、膨大な量のデータから価値と洞察を抽出できるSplunkの優位性との融合が有効であることを証明しました」と述べています。

IDC: ITオペレーション管理ベンダーの中でSplunkが最速の成長

IDCは今年のレポート「世界のITオペレーション管理ソフトウェア・マーケットシェア2017:ハイブリッド管理が成長を牽引(Worldwide IT Operations Management Software Market Shares, 2017: Hybrid Management Drives Growth)」*の中で、Splunkがこの市場のベンダー上位5社の中で最も急成長を遂げていると報告しています。2017年の世界のITオペレーション管理ソフトウェア市場の売上は9.1%増加して83億ドルに達しました。

IDCのシステム・ITオペレーション管理ソフトウェア部門リサーチ担当副社長、ティム・グリーザー(Tim Grieser)氏は次のように述べています。「エンドユーザーに対してもお客様グレードのエクスペリエンスを要求するデジタルビジネスイニシアティブを採用する動きが企業の間で強まる中で、2017年の世界のITオペレーション管理ソフトウェア市場は、エンドツーエンドのパフォーマンスを監視・管理・最適化する必要性と、ハイブリッドシステムおよびアプリケーションの普及に牽引されて好調な成長を達成しました。」

Splunkの継続的な急成長は、様々なデータソースから生成されるメトリックスやログといったマシンデータやビッグデータの収集、インデックス、管理、検索、可視化などの機能が基礎となっています。IDCのレポート「世界のITオペレーション管理ソフトウェア・マーケットシェア2017:ハイブリッド管理が成長を牽引」(英語)はSplunkのウェブサイトからダウンロードできます。

ガートナーは、AIOps/ITオペレーション管理分野でのSplunkの成長加速を確認

ガートナーの「マーケットシェア分析レポート:世界のITOM/パフォーマンス分析ソフトウェア2017(Market Share Analysis: ITOM, Performance Analysis Software, Worldwide, 2017)」**によると、Splunkは「AIOps/ITIM/その他の監視ツール」部門において2年連続で第2位にランキングされました。このレポートでは、「デジタルビジネス変革が、DevOpsツールチェーンを介して俊敏性と柔軟性のあるアプリケーションとインフラストラクチャを可能にする最先端の監視ツールの需要を牽引している」と分析しています。2017年のITOM市場は9.6%成長し、247億ドルに達しました。

さらに同レポートの中で、Splunkは「2017年のITOMパフォーマンス分析ソフトウェアベンダーソフトウェア売上高(2016-2017年)世界ランキング(ITOM Performance Analysis Software Vendors, Worldwide, Ranked by 2017 Software Revenue, 2016-2017)」のトップ10社に挙げられており、2016年の第5位から2017年の第2位へとランクアップしました。本レポート「マーケットシェア分析レポート:世界のITOM/パフォーマンス分析ソフトウェア2017」(英語)は、ガートナーのウェブサイトより無償で閲覧できます。

Splunkがセキュリティ市場で競合他社を大きく上回る急成長

セキュリティ市場ではIDCのレポート「世界のセキュリティ・脆弱性管理市場のマーケットシェア2017:境界のないネットワークの防御(Worldwide Security and Vulnerability Management Market Shares 2017: Defending the Boundaryless Network)」***によると、Splunkは2017年、伸び率ベースでIBMとMicro Focus(HPE)の5倍以上の成長を遂げました。セキュリティ・脆弱性管理(SVM)市場は2017年、12.3%成長して67億ドル(推定)に達しています。

このレポートは、「IT、OT、セキュリティのワンストップショップを目指すというSplunkの企ては、特にこれらの部門で扱う機能が決定的に異なることを考えれば、野心的なものだったかもしれません。しかしながら、多くの国で情報分野の専門家たちは重なり合う責任領域を担当しており、一元化された集中型プラットフォームの採用というコンセプトには訴求力があります」と報告しています。

IDCのワールドワイド・セキュリティ・プロダクツ担当リサーチ・ディレクター、クリス・キセル(Chris Kissel)氏は次のように述べています。「セキュリティ人材の有限性と製品のアーキテクチャ向上を背景にセキュリティ・脆弱性管理でパラダイム転換が進んでいます。簡単に言えば、SVM製品はもはや顧客に対してどこに問題があるかを指摘するのではなく、プラットフォームが是正を実行しなければならなくなったのです。」

レポートではさらに、「技術の広い分類がどうであれ、Splunkがネットワークセキュリティ分野でマーケットシェアを伸ばしていることに疑いはなく、これは(他の)SIEMベンダーが犠牲を払っていることを意味しています。Splunk Enterprise SecurityとSplunk User Behavior Analytics(UBA)は、セキュリティ分野における最強の組み合わせであることが証明されました」と述べられています。

IDCの両レポートは、2018年1月に作成した2017年(暦年)を対象とするボトムアップの企業レベルのデータ収集とともに、市場別、地域別、営業環境別に詳細な2017年の企業モデルを導き出すベンダー調査および分析をもとに取りまとめたものです。ガートナーのレポートには、ソフトウェアの売上高、マーケットシェア、年間成長率等のデータが収載されています。部門や地域の定義に関する詳細は、「市場の定義および手法:ソフトウェア(Market Definitions and Methodology: Software)」をご参照ください。

* IDC, Worldwide IT Operations Management Software Market Shares, 2017: Hybrid Management Drives Growth, Doc #US43859818, 2018年6月.

** Gartner, Market Share Analysis: ITOM, Performance Analysis Software, Worldwide, 2017, Federico De Silva, Laurie F. Wurster, 2018年7月9日.

*** IDC, Worldwide Security and Vulnerability Management Market Shares, 2017: Defending the Boundaryless Network, Doc #US42049417, 2018年7月.

Splunk Inc.について

Splunk Inc.(NASDAQ:SPLK)は、機械学習によってデータからアンサーを導き出します。お客様は、市場をリードする Splunk の機械学習ソリューションを利用し、IT やIoT (モノのインターネット)、セキュリティ上の難問を解決しています。何百万というユーザーが積極的に利用している Splunk で、「ひらめき」や「気付き」を見つけてみませんか。http://www.splunk.com/ja_jp

Splunk、Splunk>、Listen to Your Data、マシンデータ向けのエンジン「the Engine for Machine Data」、Splunk Cloud、Splunk Light および SPL は、Splunk Inc. の米国およびその他の国における商標または登録商標です。他のすべてのブランド名、製品名、もしくは商標は、それぞれの所有者に帰属します。© 2018 Splunk Inc. 無断複写・転載を禁じます。

報道関連のお問い合わせ先

担当: 渋谷・築山
フライシュマン・ヒラード・ジャパン株式会社
TEL: 03-6204-4330・4324
kuniko.shibuya@fleishman.com/hana.tsukiyama@fleishman.com