ホワイトペーパー

AWSのコンテナ環境を導入・監視するベストプラクティス

AWSのコンテナ環境を導入・監視するベストプラクティス AWSのコンテナ環境を導入・監視するベストプラクティス

ガートナー社によると、4年前にコンテナを使用していた大企業は16%だったのに対し、現在では80%に上昇しています。コンテナを利用すれば、開発サイクルのスピードを向上させ、イノベーションを加速し、効率化を拡大することができます。このようなメリットがある一方で、コンテナの流動的かつ動的な性質によって運用は複雑化しています。毎年実施されるCloud Native Computing Foundationの調査では、毎回、コンテナ導入における主な課題の1つとして監視を挙げています。この課題を克服するためには、適切なコンテナプラットフォームを選択し、効果的なオブザーバビリティ戦略を実施する必要があります。

SplunkとAmazon Web Services社が共同制作したこのホワイトペーパーでは、AWSでコンテナを導入する場合の選択肢と、コンテナの監視およびオブザーバビリティについて解説しています。

このホワイトペーパーでは以下の内容について説明しています。

  • AWSで適切なコンテナプラットフォームを選択・導入するには
  • AWS Fargateによるサーバーレスコンピューティングと、EC2によるコンピューティング環境のインストールと管理の制御
  • オーケストレーションエンジンの選択 – Amazon ECSとKubernetesベースのAmazon EKS
  • チャーン、オートディスカバリー、スケーラビリティ、トラブルシューティングなどを踏まえた監視の考慮事項
  • DevOpsチームとSREチームがKubernetes環境のパフォーマンスを最も簡単に把握および管理できるKubernetes Navigatorの紹介
  • マイクロサービス志向のアプリケーションに最適なAWSコンテナサービスを選定する基準

今すぐダウンロード

次へ