SolarWindsに対する サイバー攻撃

お客様、Splunk、そして世界への影響

SolarWindsサイバー攻撃の仕組み

SolarWindsに対するサイバー攻撃(Solorigate、または単にSolarWindsハッキングとも呼ばれます)では、SolarWinds Orionソフトウェアの脆弱性を悪用してサプライチェーン攻撃が行われました。デジタル署名付きソフトウェアにマルウェアが仕掛けられ、結果として多くの組織が侵害を受けました。被害の内容と範囲については解明が進んでいるところですが、少なくともSunburstとSupernovaという2種類のマルウェアが見つかっています。

SolarWindsに対するサイバー攻撃 SolarWindsに対するサイバー攻撃

Tech Talks | Splunk Enterprise SecurityによるSolarWindsサイバー攻撃の検出

Splunkを活用する方法

ログタイプを見直し ログタイプを見直し
Splunkに取り込んでいるログタイプを見直し、DNS、ネットワーク、ホストのトラフィックログを調査して、Sunburstマルウェアのアクティビティの痕跡がないか確認します。
脆弱性スキャンの結果を調査 脆弱性スキャンの結果を調査
脆弱性スキャン、ハッシュ、プロキシのログを調査して、Supernovaウェブシェルの痕跡がないか確認します。
通常と異なるアクティビティを検索 通常と異なるアクティビティを検索
ディレクトリプロバイダーや認証プロバイダーによる通常と異なるアクティビティを検索し、後続攻撃の兆候がないか確認します。
ラテラルムーブメントのその他の兆候を調査 ラテラルムーブメントのその他の兆候を調査
侵害されたホストによるラテラルムーブメント(横展開)の兆候が他にないか探します。
ITインフラ全体に監視を拡大 ITインフラ全体に監視を拡大
ITインフラとSDLC(ソフトウェア開発ライフサイクル)全体に監視を拡大します。
特集ビデオ

セキュリティのエキスパートがSolarWinds攻撃について語る

SplunkのセキュリティエキスパートがSolarWinds攻撃について深く議論し、防御と対応を強化するためのベストプラクティスと戦略を探ります。

画面右上のナビゲーションボタンから、お好きなトピックに移動できます。

Splunkのセキュリティ、IT、DevOpsソリューション

セキュリティチーム

環境内の兆候を検出

オンボーディングプロセスを合理化し、環境内の脅威の兆候を検索します。

security-teams-graphic security-teams-graphic
失われたITインフラの可視性を回復 失われたITインフラの可視性を回復
ITチーム

失われたITインフラの可視性を回復

SolarWinds Orionソフトウェアがなければ可視性が失われますが、Splunkを使用すれば可視性を回復し、ITインフラの健全性と運用を監視できます。

DevOpsチーム

アプリケーション開発リソースを保護

コードリポジトリから、シークレット管理、Infrastructure-as-Code、CI/CD自動化などに至るまで、ソフトウェアデリバリーチェーン全体に対する可視性を取得すれば、本番環境のアプリケーションに対する不正な変更を検出し、顧客を保護することができます。

アプリケーション開発リソースを保護 アプリケーション開発リソースを保護
Splunkはセキュリティ、IT、DevOpsの対応をお手伝いします。