Splunkのトレーニング + 認定

Creating Dashboards with Splunk

Splunkのトレーニング + 認定に関する最新の資料(英語)はこちら

コースの説明

この2日間のコースでは、カスタマイズしたチャートやドリルダウン、高度な動作および可視化が含まれる高速で効果的なビューの作成方法をパワーユーザー向けにご説明します。主なトピックとして、トークン、グローバルサーチ、イベントハンドラー、動的なドリルダウン、およびJavaScriptとCSSのシンプルXMLの拡張機能の使用について取り上げます。

トレーニングスケジュール

オンデマンドトレーニング

コンテンツ、ラボ、ライブチャットに30日間アクセスできます。また、あらかじめスケジュール設定された20分間のインストラクターとのセッションもご利用いただけます。

コースの前提条件

クラス:
  • Splunk Fundamentals 1
  • Splunk Fundamentals 2
スキル:
  • XMLの実務的な知識
  • HTML、CSS、JavaScriptの経験

コーストピック

  • シンプルXML
  • トークン
  • グローバルサーチ
  • 動的なドリルダウン
  • イベントハンドラー
  • シンプルXMLの拡張機能

コースの目的
 

モジュール1 – プロトタイプの作成
  • ビューのシンプルな構文の定義
  • ベストプラクティスを使用したビューの作成
  • 変換コマンドの確認
  • ビューのトラブルシューティング
モジュール2 – フォームの使用
  • トークンの仕組みの説明
  • トークンをフォーム入力に使用する 
  • トークンフィルターの種類の定義
  • カスケード入力の作成
モジュール3 – パフォーマンスの改善
  • ダッシュボードのパフォーマンスを改善する方法の確認
  • tstatsコマンドの使用
  • グローバルサーチの使用
  • データモデルの高速化
モジュール4 – ダッシュボードのカスタマイズ
  • チャートおよびパネルのプロパティのカスタマイズ
  • パネルの更新時間と遅延時間の設定
  • サーチアクセス機能の無効化
  • イベントアノテーションの定義
モジュール5 – ドリルダウンの使用
  • ドリルダウンの種類の定義
  • 事前定義されているトークンの確認
  • 動的なドリルダウンの作成
モジュール6 – 高度な可視化および動作の追加
  • イベントハンドラーの種類の確認
  • イベントアクションの説明
  • コンテキストに即したドリルダウンの作成
  • シンプルXMLの拡張機能の使用
  • Splunkのカスタムの可視化機能の定義 
Course Description

This two-day course is designed for power users who want to create fast and efficient views that include customized charts, drilldowns, advanced behaviors and visualizations. Major topics include using tokens, global searches, event handlers, dynamic drilldowns and simple XML extensions for JavaScript and CSS.

Instructor-led Training Schedule

Course Prerequisites

Classes:

  • Splunk Fundamentals 1
  • Splunk Fundamentals 2

Skills:

  • Working knowledge of XML
  • Experience with HTML, CSS, and JavaScript

 

Course Topics

  • Simple XML
  • Tokens
  • Global Searches
  • Dynamic Drilldowns
  • Event Handlers
  • Simple XML Extensions

 

Course Objectives

Module 1 – Creating a Prototype

  • Define simple syntax for views
  • Use best practices for creating views
  • Identify transforming commands
  • Troubleshoot views

Module 2 – Using Forms

  • Explain how tokens work
  • Use tokens with form inputs 
  • Define types of token filters
  • Create cascading inputs

Module 3 – Improving Performance

  • Identify ways to improve dashboard performance
  • Use the tstats command
  • Use global searches
  • Accelerate data models

Module 4 – Customizing Dashboards

  • Customize chart and panel properties
  • Set panel refresh and delay times
  • Disable search access features
  • Define event annotations

Module 5 – Using Drilldowns

  • Define types of drilldowns
  • Identify predefined tokens
  • Create dynamic drilldowns

Module 6 – Adding Advanced Visualizations & Behaviors

  • Identify types of event handlers
  • Describe event actions
  • Create contextual drilldowns
  • Use simple XML extensions
  • Define Splunk custom visualizations