Using Splunk Infrastructure Monitoring | Splunk
Splunkのトレーニング + 認定

Using Splunk Infrastructure Monitoring 

Splunkのトレーニング + 認定に関する最新の資料(英語)はこちら

コースの説明

この2日間の包括的なバーチャルコースは、運用チーム、SREチーム、オブザーバビリティチームを対象としています。このコースでは、プラットフォームの実用的な使い方をご紹介します。ユーザーインターフェイスの操作方法や、Splunk IMのデフォルト機能を使ったインフラのモニタリング方法を学ぶことができます。

インストラクター主導のトレーニングスケジュール

コースの前提条件

必要条件:
  • Splunk IMおよびAPMのFundamentalsシリーズ(ご自身のペースで進めるコース)

コーストピック

  • メタデータの種類の違い
  • ビルトインのコンテンツを使用して環境を監視する
  • チームの作成と管理
  • ダッシュボードグループとダッシュボードの操作
  • グラフの操作
  • ディテクターとメトリクスに基づいたアラートの作成
  • 一般的なユースケースに対応するディテクターの作成

コースの目的
 

モジュール1 - Splunk IMの紹介
  • Splunk IMソリューションの説明
  • メタデータの説明と使用
  • Infrastructure Navigatorの使用
  • ビルトインのダッシュボードの操作
モジュール2 - チームのサマリーダッシュボードの作成
  • チームの作成
  • ダッシュボードグループとダッシュボードの操作
  • グラフの操作
  • ダッシュボードとグラフの共有
  • Splunk IMのデータ処理の仕組みの説明
モジュール3 – Splunk IMメトリクスに基づいたアラート
  • ディテクターの作成
  • イベントの作成
  • ダッシュボードでのイベントの表示
  • 通知をオフにする
  • グラフの共有
モジュール4 - カスタムダッシュボードの作成
  • 合計(グループ化)の使用
  • 上位N/下位Nの使用
  • パーセンタイルの使用
  • 前週比または増加率を見る
  • グラフのロールアップと解像度の説明
  • データリンクの作成
  • 複数のシグナルの監視
モジュール5 – 一般的なユースケースに対応するディテクターの作成
  • 母集団の監視
  • 精度の高いディテクターの作成
  • 不規則に発生するデータの監視
  • 遅延データの処理
  • 周期的なパターンの監視
  • 多数のソースの監視
  • エフェメラル(一時的)なインフラの監視